ニトリ*和室のない家、季節限定いぐさの香り。

こんばんは、ヤマネコです。

わが家には和室がありません。けれどこの夏、リビングにいぐさの香りを取り入れました。

迎えたのはニトリの「いぐさ座布団」と、「いぐさ低反発シートクッション」。

わが家にとってはちょっとした冒険でした。

 

和装も茶道も趣味の一つ、もちろん畳の部屋も大好きです。

ただ、今の家で暮らすことを決めたとき、和室をあきらめました。理由は歴然、猫との生活に取り入れるのは難しいと思ったから。

猫たちの好みも様々なので畳で爪とぎをしない子もいるかもしれないけれど、複数の猫たち(場合によっては一度に十数猫)と暮らすことを前提に考えると、新居にて「わが家は大丈夫」「対策をすればなんとかなる」とは思えませんでした。

 

そんな経緯であきらめた和室でしたが、今年はほんの少し「畳の雰囲気」を取り入れることに。

そうして購入したのが、ニトリのいぐさシリーズ。クッション(二枚)は椅子用に、座布団はリビングの床に置いて使います。

 

お値段はさすがのニトリ、どちらもプチプラの1000円以下。

手で撫でると稀にささくれのような引っ掛かりを感じるような気がしますが、座ったり寝転んだりしてチクチクすることはありませんでした。価格から想像していたより、ずっとなめらか。

中綿についてはどこにも書かれておらず、でもウレタン?のようなフカフカ感。いずれはへたってしまいそうで、そういう部分が「すごく高品質」とは言えないのですが、その分わが家の(ギャングのいる)リビングにもポンと気軽に置けました。

万が一爪とぎされても、これなら苦笑するだけで済みます。

 

ただ置いた初日の猫たちの反応は、完全に逃げ腰。

新しいものから距離を置くのは毎度のことなので、そのまま様子を見ていたのですが…

背中の脱毛が一番ひどかったとき…(ブラッシングのしすぎで反省中)。

それから数週間、ようやく慣れてきてくれたようです。

でも座布団は一枚しかないので、格差社会のワンシーン(主人とおつきの者?)を垣間見ているような気が…残念ながら増やす予定はありません。

 

時々交代。

でも…

全然落ち着かない。

意外にも今は爪とぎをする様子がありません。でももっと慣れてきたら、きっと盛大にバリバリと始めるんじゃないかな…と想像中。そうなったらそうなったでいいか、と思えるものを置きました。

 

今の家で暮らし始めて六年目。和室はあきらめたけれど、猫たちとの暮らしは想像以上に快適なものを手に入れました。圧倒的に優先順位が高い望みを叶えたので後悔はありません。

でもあこがれを手放したわけではないので、こうして身近にいぐさアイテムを取り入れられたことでちょっと気持ちが浮き立ちました。

わが家で楽しめるのはワンシーズン限りかもしれないけれど、あまり意気込まずに使える気楽ないぐさ、猫たちと一緒に満喫しようと思います。

 

本日の猫写真はおやすみします。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pocket

yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。