100円でも買うのをやめた、夏のおもちゃ。

こんばんは、ヤマネコです。

月に一度くらいのペースで100円ショップに行くようになりました。

定期的に排水口ネットを買うのが目的。30~40枚入りを買うので、ほぼ月に一回ペースなのです。買いだめをしないのは「ストックを持ちたくない」というのもありますが、ついでに季節の新商品などを眺めるのも楽しいと感じたからでした。

お年玉袋に貼るシール、バレンタインのラッピング、桃・端午の節句のおかざり。一時的に使うものとして買うこともありますが、これならつくれるかもしれない? というアイデアをいただくこともあります。

そして先月出向いた100円ショップで目に留まったのが、「水鉄砲」でした。

 

特設されたアウトドアコーナーにバーベキュー用品といっしょに陳列されていたのが、カラフルな水鉄砲。それを使って遊ぶ子どもたちの様子も容易にイメージできました。

でも私が買うとしたら使う場所は自宅のバスルームです。というのもそれを見かけたとき、毎晩の入浴に同行してくれる猫といっしょに遊ぶことを想像していたため。

 

使用の目的は、愛猫に水をかけることではありません。もともと濡れることにはまるで無頓着な子なので、水圧による痛みさえなければ水をかけても大丈夫だと思うけれど、それが目的ではないんです。

水鉄砲を向けたかったのは、バスルームと脱衣室を隔てる半透明の扉。

すりガラス(正確には樹脂製だと思うので、ガラス風半透明パネルです)越しに遊ぶのが最近の私たちのブームになっていて、そこに水鉄砲を取り入れたら楽しいかなと。

わが家のシャワーだと洗面器の水をかけるのと大差はなくなってしまうので、もっとピンポイントで水を当てる遊びがしたかった。

 

見つけたとき、即決はせずに店内を一回りしつつ考えて、その日は結局買わずに帰宅。買うなら買うで、掃除(?)など多用途に使えそうなものがいいなと。あるいは自宅にあるものでの代用や、手づくりで解決することも含めてもう少し考えることにしたんです。

それから一ヶ月。再び100円ショップを訪れる機会もあったのですが、結局買わないことにしました。

 

代用にしたのは、自分の両手です。

最近になって生まれて初めての「手を使った水鉄砲」に成功しました。

 

まずは自分の正面で、独りで握手するように両手をふわっと組み合わせ、その手のひらの内側にためた水を押し出すように発射する。このとき組んだ両手の一部(下方)は水面に浸けた状態で行います。それが手を使う水鉄砲。

幼少期には大人の真似をして挑戦したことがあったけれど、当時の私ではまったくうまくいかず。いつしか入浴は独りでするようになり、以降は試そうとした記憶もありません。それでも四半世紀以上ぶり(?)にやってみたらすぐにコツがつかめました。

独りのお風呂で。
半身浴をしながら。
独りで水鉄砲。

はたから見たらさみしい光景だろうけれど、見ているのは猫だけ。肝心の彼は私の手から弧を描くように飛び出した水に猫パンチを繰り出してくれました。

 

数日かけて練習を重ねた結果、浴槽から数十センチ離れた扉に水をぶるけることもできるようになりました。猫も相変わらず楽しそうに追いかけてくれる。

使う場所が屋外だったり、持つのが子どもなら市販の水鉄砲のほうがよかったかもしれません。私も以前は「100円で試せるなら」と即決していたと思うし、それはそれで楽しかったかも。でも今回のような特殊な用途で、射手が私だけなら手でも十分でした。

 

これなら特別なお手入れも必要ないし、収納場所や飽きたあとの処分にも困りません。

実は数年前から「両利きになる努力」というのを地味に続けているのですが、どちらの手であってもいつもと違う動きをさせることはなかなか刺激的。固くなっている頭にもよさそう。

今回の水鉄砲はまさにこれで、ちょっとした指先の動きであっても「いつもと違うこと」をもっと意識的に取り入れていこうと、再び考えるきっかけになりました。

 

本日の猫。

雨(台風?)のおかげで、いつもより少しだけ涼しかった本日。休暇で外出予定だった方には気の毒だったけれど、私は少しホッとしていました。

エアコンのおかげで室温に大きな変化はなかったと思うのですが……

なんとなく、いつもより落ち着いてすごせる一日だったような気がします。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ