夏用マスクが、冬に活躍。

こんばんは、ヤマネコです。

ほぼ夏専用、少なくとも外用に、という目的で購入したマスクがありました。

昨年のブログでも書いていたのですが、そのマスクというのは「ヤケーヌ」。

口だけを覆うタイプではなく、デコルテやうなじまでカバーしてくれるフェイスマスクです。

 

私は夏場の庭仕事中の日焼け防止にと活躍させていました。購入当初は少し大げさな見た目になって恥ずかしいなと思ってしまったのですが、使い始めたらとても快適。昨年の夏は本当にお世話になりました。

とはいえ通年使うつもりではなかったため、庭仕事の頻度が落ちたタイミングでお手入れをすませ、来季用にと収納完了。最近になって衣類整理をしているときに目に留まるまで存在を忘れていました。それを見てふと思い立ち、これはもしかして今の季節だとあったかいのでは? と、デスクワーク中に使ってみることにしたんです。

私はコロナ禍以前から屋内でも保湿目的でマスクをする時間が長く、これまでも同じ目的で家用マスクを愛用していました。それを、こちらのフェイスマスクと入れ替えてみることに。

 

このヤケーヌの生地は、以前のブログにも書いたとおり「-4度」という効果を謳っていました。ただ私自身はそれを感じず、とはいえ暑すぎることもなかったために夏場も活用していたんです。

さすがに冬の使用ともなれば冷たさが際立つかもしれないと心配しましたが、それもあまり問題なさそう。大判な生地が覆う範囲がデコルテからうなじまでと広いぶん、やはり暖かさを感じられました。

あご下にすきまがあるおかげでめがねも曇らず、ペットボトルの水を飲んだり、飴を口に入れたりというちょっとした飲食もできます。

そのぶん保湿効果は落ちるような印象だけれど、もともと期待していた「のどの痛みの軽減」にはマスクを変えたことによる影響はとくになし。ヤケーヌの鼻部分に仕込まれている形態安定テープがいい仕事をしてくれている印象です。そのテープの調整がないと余計に浮いてしまうと思う。

また室内での使用中に意外な使い勝手のよさを生み出してくれたのが、首の後ろのスナップボタン。通常のマスクと同じように両耳にかけているひもを外しても、首で留まってくれるので安心。マグカップで紅茶などを口にするときは一旦外したほうが飲みやすいのですが、その間にマスクを落とす心配がないのでとても楽なんです。

これなら目的どおりに、あるいはそれ以上の便利さで使えそうでした。

 

完全に夏用のアイテムだと思って実際に眠らせていたのだけれど、冬も半ばにして大活躍中。これには洗い替えがないので他のマスクも併用していますが、室内の気温が低いときほどこちらを重宝しています。

 

 

本日の猫。

夏用マスクで温まる(?)私のひざの上で休憩中の弟猫。

黒い生地は色あせが激しいけれど、今も愛用中の割烹着

生地も痩せてはきているものの、包まれた猫はぬくぬく快適そうでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き