地域の役員と、WWFのエコバッグ。

こんばんは、ヤマネコです。

わが家の地域では数十年に一度、持ち回りで役員を担当することになっています。

正式名称は違うようなのですが、いわゆる町内会の役員。担当地域のご家庭に配布物を届けたり、地域のイベントごとで主宰のお手伝いをしたり、元も子もない言い方をすれば雑用係のような存在です。

 

近隣二十数軒が一区切りとなり、一年ごとの輪番制。一度担当を終えれば次に回ってくるのは二十年以上先ということになり、多い人でも一生のうちに四回程度かなと。

私自身は今回が初めての経験で慣れないことに億劫さも感じましたが、仮に二度目だとしても記憶が残っているかが定かではないし、年月とともにルールなども変更されているだろうと想像できます。大抵の人にとっては毎回初体験のような感覚かもしれません。

そんなわけでわが家にお鉢が回ってきた今期、実はコロナ禍ゆえに軒並みイベントごとが中止となり、同時に必要だった役員集会も回数が減り、とても楽な年になっているようです。

長年会長を務めている方にそう伺ったところ、やはり例年と比べて今年は役員が行うべき作業が少ないのだとか。ありがたくもあり申し訳なくもあり、万が一「もう一年役員をやってほしい」と言われたらお断りできないだろうという気持ちになるほどですが、まずは就任期間をしっかり乗り切るつもりです。

 

この期間中、自宅で保管しておかなければいけないものがいくつかあります。書類やファイルだったり、資料づくりの道具だったり、役員用の印鑑だったり。持てないほど重いわけではないけれど、小物を収めた箱なども含んでいるためかさばるんです。そういった細々したものが紙袋に入った状態で前回の役員さんから受け取ったのだけれど、ちょこちょこ持ち出す機会があってとうとう破けてしまいました。

もともと少し年季が入っていたこともあり、紙袋自体は各家庭にあるもので代用していいと聞いています。ただわが家では紙袋のストックをしていないし、ある程度の頑丈さと大きさを重視する袋を用意するなら基本的には買ってくる必要がありました。

近いうちに100円ショップで、と思ったところで思い出したのがこちらの布バッグ。

時々楽天店を利用する下着ショップで販売されている、リサイクルコットンのエコバッグです。

こちらのバッグの売り上げの半分が環境保全団体WWFに寄付されるそう。よく見かけるこのパンダのロゴマークがとても好きで、こちらのショップでも買い物をするたびに気になっていたのだけれど、思いつく用途がなく購入は見送っていたもの。

改めてサイズ(A4ファイルが入ること・マチがあること)を確認してみたら今回求めていたものに近かったので、少し前に下着を買い足したついでにとお迎えすることにしました。

生地は想像していたよりやや薄手でしたが、これまで紙袋に入れていたものを移すだけなので十分。100円よりはだいぶ高くなってしまったけれど(400円弱)、布製であるぶん長く使えそうだし、必要なものを買うついでに募金になるならいいかなと。

来期の役員さんのご意向も伺いつつ、私としてはこのままお渡しするつもりで、しばらく大事に使っていきます。

 

 

本日の猫。

毎日数回はフロアモップを持って部屋の中をぐるぐるします。
(ほこりが見えるのでモップの先はあえてぼかしています)

ついでに遊ぶのも忘れません。

モップを一時停止させると、弟猫もぴたりと止まる。やはり大きな猫じゃらしの感覚です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き