余った生クリームを冷凍すると、冬も大活躍。

こんばんは、ヤマネコです。

ハロウィン前後から生クリームを使うお菓子づくりが増え、常備するようになりました。ただ「ちょっと余る」を「ついつい食べる」はあまりよくないな…と改善することに。

生クリームの冷凍保存

ずっと知らなかったのですが、生クリームも冷凍保存ができるそうです。

ただパックに入った液体クリームをそのまま冷凍すると、解凍したときに泡立たなくなるとのこと。ケーキ生地に混ぜこむなど、用途によっては問題ないのですが、泡立てて使いたい場合は「先に泡立てて冷凍しておく」という方法がよいようでした。

まずは泡立てる

※泡立てたクリームが余った場合は、飛ばして次項へ。

しっかり冷やしておいた生クリームに、好みの分量で砂糖を加え(味見しながら)ツノが立つまで泡立てます。ハンドミキサーは手放してしまいましたが、生クリームのホイップなら手作業でも2~3分でできました。

砂糖ではなく、生クリーム100ccに対して「ジャム(果実ゴロゴロより、固形物は少なめのジャムがオススメ)」を大さじ1くらいの量で加糖すると、泡立てやすくなります。ジャムの種類や量によっては、香りや風味も残ります。

小分けして冷やす

広めの皿やバットの上にベーキングシートやビニール袋、或いはラップを敷き、その上に使いやすい分量(私は大さじ1~2杯分)ずつすくい取った生クリームを並べていきます。しっかりホイップできていれば、広がってしまうことはありません。

調べたら「絞り出す」のが正解なようですが…私は二本のスプーンを使って「一さじ分ずつ並べて落とす」という方法で。そのまま冷凍庫で30~60分冷やします。

まとめて冷凍しなおす

一定時間冷やしたら、焼きあがったクッキーのようにつまんで持てるくらい固まっている筈なので、改めてラップをかぶせたり密閉袋に詰めてから(ニオイの付着や乾燥を防ぐため)冷凍庫へ戻します。

私は前項の小分け冷凍の際に野田琺瑯の保存容器を使ったので、そのまま蓋をして冷凍を続けることにしました。

冷凍した生クリームの用途は?

解凍するときは常温放置。気温にもよりますが、10~15分程度で使えるようになります。よく考えたら夏に知っていればパフェなどに使えたなぁと思ったのですが…今の季節も活躍しています!

ホットドリンクに浮かべる

毎回泡立てる必要もなく、冷凍庫から出して砂糖代わりにポン。

冷めてほしくない場合は「スプーンの上」にのせて自然解凍させると、アツアツのドリンクにも浮かべやすかったです。私は猫舌なので、そのままのせます。

最近はフレーバーコーヒー(チョコやキャラメルなどが香るコーヒー)に合わせるのが楽しみ。

それと私はあまり気になりませんが、クリームの種類によっては飲み物の表面に油分が浮くことがあります。

お菓子やパンにのせる

冒頭の写真がそうなのですが、リピし続けているりんごバターと一緒にパンケーキに添えていただくのがお気に入り。

また今回の生クリームはかなり甘みを控えて泡立てたので、解凍生クリームを料理(ソース・ドレッシング・スープなど)にも使用。ほんわか甘味は残りますが、私はまったく気になりません。

トーストした食パンにのせて食べるだけでも最高かと…本当に多用途に使えました。

おわりに

トッピング用の生クリームは「ぴったりの量をつくる」がなかなか難しく、余ってしまったり、ケチって買って足りなかったり…ということが多かったのですが、今後は「少し多めにつくって冷凍する」で効率よく使い切ることができそうです。

いつものドリンクやパンケーキが、冷凍ストックのちょいのせで簡単にカフェっぽくなるので、無駄なく、おいしく、楽しみたいです。

 

本日の猫。

本日の階段会談。

猫だから大丈夫、という考えもどこかにあるのですが、階段で転げ落ちるように追いかけっこするの…やめてほしいです…。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ