ほしいものを「いつ買うか?」のジレンマ。

こんばんは、ヤマネコです。

旬のうちにと思いながらひと月近く探していたレモンと、ようやく出会えました。

私が求めていたのは、無農薬のレモン。

ネット検索するとお取り寄せできるものが見つかりますが、地場産があればと、近隣の直売所をチェックし続ける一ヶ月間でした

 

急ぐわけでもなく、何かのついでにちょこちょこと。

そして運よく見つけることはできたのですが、もし今季の間ずっと買えなければ、ご縁がなかったのだとあきらめていたと思います。もともと決めていた「地場産の無農薬品」という条件のものでなければ、今年は買わなかったと思う。

あれば、買いたい。
なければないで、それもめぐりあわせ。

そう思えるものに関しては、目当てのものと出会えればとても幸せだと思うし、逆にほしいものが見つからずに「待つ時間」というのも、さほどストレスではありません。

 

私がジレンマを感じてしまうのは、万が一買えなければ困るもの。たとえば、昨日の白シャツなどがそう。

困るというと大げさかもしれないけれど、実際に「今持っていれば」「あのとき買っておけば」とクローゼットの前でがっかりすることを、昨年から何度も経験していたんです。

その期間がとてもストレスでした。

 

白シャツの購入に際しなかなか踏ん切りがつかなかったのは、理想が高すぎたから。

という理由もあながち嘘ではないのですが、はっきり言ってしまうと、私は白シャツ以前に、「こだわりの○○(ここでは白シャツ)」がほしかったのだと思います。

オシャレな方(多くはブロガーさん)の表現によく見かける、賛辞を添えたくなるようなアイテム。そんな一品がほしかった。

出会った瞬間に運命を感じた。
これしかないと、ピンときた。

そんな白シャツが、今回こそ私を待っている(?)かもしれない。と夢見がちな少女のような気持ちのまま、うっかり年を越してしまったのでした。

 

どうせ必要なものを買うのだから、そういうものがほしいというのは、本音です。ただそういう「ピン」に気づくためには、センス(直感)が必要なのです。そして私は、そもそも超のつく鈍感。ファッションに関しては尚のこと。

結果、いつまでも買えない(出会いを見逃しているのかも)。
いざ着たいと思うとき、いつまでたっても手元にない。

そんな悪循環でぐるぐるすることに。

 

レモンは無農薬であればいい。
白シャツは白ければいい。

さすがにそれは言いすぎですが、そのくらい明確な条件を用意して臨んでいれば、もっと早く買い物ができ、ワードローブのストレスも減っていたのだと思います。

結局目新しいものには手を出さず、安定の無印良品のセール品で大満足している私(念のために書き添えますが、無印良品の服は本当に大好きです)。

あこがれている「かっこいい買い物」とは2018年もきっと無縁なのだな…と考えながら、今日もお茶をすすります。

 

うまくバランスをとりたいときのテーマ。

 

本日の猫と、節分の準備。

明日の節分に向けて、昨晩から福豆用の大豆を戻していました。
(乾燥大豆を浸水、乾かす、煎ってまく、の三日間)

そんな大豆に反応して走ってきてしまった彼。

自分のごはんではないことを認識しての、この表情であった。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。