新習慣に「天気のチェック」を取り入れる。

こんばんは、ヤマネコです。

この秋からとても基本的な日課が一つ増えました。それは毎日、天気予報を確認すること。

天気予報チェックは、毎日外出される方にとっては当たり前のことかもしれません。でも引きこもり気味の私には根付いていない習慣でした。

それをようやく改めようと思ったのは、少し前に、外出予定の前夜に用意した服が当日は暑くて着られないという事態になったとき。

 

ここ数年、どんどんテレビを観る機会が減っていて、天気予報を目にした記憶もほとんどありません。ネットでたまに見ることはあっても、毎日チェックする習慣はつかず、台風接近のニュースなどもブロ友(比較的ご近所)さんの記事で知る始末。「そういえば風が強いなって思ってた」、そんなのんきな受け止め方をしていました。

それでも困ることは少ないけれど、情けない。そもそも家族は出かけるのだから、家族のためにも確認しておくのが理想的だったはずなのに、長いことその配慮ができなかったのだなと反省しました。

 

そんな流れでようやく始めたのが、天気予報の確認。

  1. 翌日の予報を、前日の朝に。
  2. 週間予報を、週に1~2回。

この二つを、パソコンで見るようにしています。
(スマホを持っていないので)

 

タイミングを「前日の朝」にしたのは、毎朝起きてメールチェック(仕事上)をする習慣があるので、そのついでに天気予報もと。

それから前日の朝に把握することで、優先的に寝具などを洗ったり、厚手のアウターを虫干しなどする「準備」の猶予ができるかなと。

事前に週間予報も確認しておけば、更に安心。もちろん予報が変わる場合もありますが、早めに済ますことで気持ちに余裕ができました。

 

天気予報チェックなんて常識、と言われても仕方のないことですが、私はなんとか、ようやく一ヶ月ほど続けられています。

そして先週、週間予報で今月24日(明日)の気温が「5度」!と表示されたのを見て、何かの間違いかと思いました。そして「雪予報」には戦々恐々とし…

  • 厚手の衣類・あったかグッズの準備
  • 暖房設備(エアコンなど)のメンテナンス
  • 猫たちの寝床環境のチェック
  • 庭(植物)の状態チェック
  • 移動手段(家族用)のチェック

…などなど、思いつく限りの冬ごもり準備に奔走した一週間でした。ちょっとやり過ぎかなと思いながらも、「前日から10度近く下がる」という急激な変化が恐ろしくて。

いつも家族任せの庭は、心配するだけで終わってしまいました…。

そして今日もデスクワークの合間に、立てこもり準備かと思えるくらいの買い出しへ。

昨日記事にしたワンマイルウェア。レモン色(商品表示色)のワンピースに、丈長のアウター(写真なし)を羽織って。今日はこれでも全然寒くありませんでした。

そういえば冬用のブーツは経年劣化で全部手放しました。すぐに新調するかで迷っていたのですが、用途などを色々考えて「今」買うのは見送ることに。

代わりに、今夏購入したレインブーツをたっぷり活用します。

 

そして準備万端(?)で迎えられそうな明日。

私は家にこもって重ね着をしていればいいけれど、家族が出先から帰ってこられるだろうか?とか、猫たちは心地よく過ごせるだろうか?とか、心配事は尽きません。

その一方で、ちょっとだけ雪予報に浮かれています。

 

本日の猫。

「明日は寒くなるらしい!」

「こいつ(湯たんぽ)は俺のモンだぜ!」

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告