トイレの換気扇、掃除を楽にする代用品。

こんばんは、ヤマネコです。

隔月ペースでトイレの換気扇掃除をしているのですが、その手間を少しだけ楽にしてくれるアイテムを導入しました。

使い捨ての換気扇フィルターの、代用品です。

 

フィルターそのもの(専用品)を買ったわけではなくて、今回も自己責任の代用品。昨年末から半年以上フィルター代わりに使っていたのは、排水口用の不織布ネットでした。

これは深型排水口にも対応しているサイズで、袋型になっているもの。

もともと常備しているものだけれど、以前から本来の役割にとどまらず多用途に使っていました。それをトイレの換気フィルターにも使えないかなと思ったのが、昨年末のこと。

 

思いついたまま始めたので、練りに練ったような難しい作業ではありません。

換気扇の前面カバーを外し、袋型の不織布ネットに入れます。

それから不織布の余った部分を折りこみながら、元通りセットしなおすだけ。
(中のファンに不織布が巻きこまれないように要注意)

あとは様子を見ながら、このフィルターを時々交換するだけ、という単純な試みで始めました。

 

結果的に、この方法にはとても満足しています。

 

もともと隔月ペースで掃除をしていたのは取説からの刷りこみもあったのですが、実際に掃除をしていて「二ヶ月でもそこそこ汚れる」というのを実感していたから。

トイレの個室内は、狭い上に湿気のある場所。しかもトイレットペーパーからは意外と埃も出るようで、二ヶ月ペースで開く換気扇は毎回やや埃っぽくなっていました。もっと長く放置したら、掃除が大変になるだろうなと。

それがフィルターをかぶせてからは内側の汚れが激減し、お手入れはますます簡単になりました。

なお上の写真は前回の交換から二ヶ月経ったタイミングで、カバーを外したばかりのところ、掃除前の状態です。このあと分解もしましたが、埃の付着はかなり免れていました。

※ファン分解中&ひどい汚れの写真は過去の大掃除記事(真ん中あたり)の中にあります。

 

フィルター(排水口ネット)自体は二ヶ月ごとの交換を続けているけれど、私は50枚入りを100円(100円ショップ)で買っているのでコスパにも不満なし。そのぶん薄いようにも思うのですが、それが換気扇に使う上では、かえって通気を妨げなくていいかなと。

この換気フィルターに関しては、強力なウイルス対策などを期待しているわけではなく、あくまで換気扇(中のファン)の掃除が楽になればという意図だけでした。その点では期待どおりだったと言えます。

 

季節(暮らし)によって汚れ方にも多少の波があったのですが、交換ペースが上がってもお財布への影響は限りなく少ないアイテム。それで掃除が楽になるなら不満はありません。

見た目に関してはスタイリッシュとは言えないものの、場所を考えると目立つものでもないので、今のところはこれでよいことに。

代用品を使うのは自己責任でしかないけれど、内部が汚れにくくなったことで換気扇本体にかかる負担(汚れの蓄積で効率が徐々に落ちていくこと)も減らせていると思うので、わが家ではこの方法を継続することに決めました。

 

同じ排水口ネットの、別用途についてはこちらにて。

 

本日の猫。

台風のせいかな。
雷雨のせいかな。

寝ても寝ても、眠いよ。
(わかる…)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ