腕時計の部品は、プチプラで定期交換。

こんばんは、ヤマネコです。

以前はあまり出番のなかった腕時計が、今ではなくてはならない愛用品になっています。

 

外した腕時計を枕(タオル)の下にしのばせて眠ったら、翌朝、文字盤のガラスに無数のひびが入っていたことがありました。今の愛用品についてではなくて、十代のときの話です。のんきにも意外と割れない丈夫さに驚いたけれど、時間が見にくくなってしまったので当時の時計は泣く泣く手放しました。

これが枕でなく自分の体の下敷きだったとしても同じこと。腕時計をつけたまま眠るのは寝心地以前の問題で、危険行為かもしれません。

それでも、外せない、外したくない。一時そういう期間があって、今もその習慣が続いています。

 

そんなわけで装着しっぱなしの腕時計。部品の劣化の進みもかなり速いようでした。とりわけ気になるのが、ストラップ。

しばらく使っているうちに金属はくすんでくるし、

穴はゆがむし、全体的にヨレヨレに。

素材を変えても(いずれも安いものですが)劣化速度にはあまり違いを感じられず。

今ではほぼ季節の変わり目ごとの定期交換がマイルールになっています。

 

交換用のストラップは本来のブランド正規品からではなく、一本数百円の互換品を取り入れています。そのお値段による品質の違いも、傷みやすい理由の一つかもしれません。ただ「身に着けている時間が長い」というのが、交換頻度を上げてしまう最大の要因のはず。

でもそのおかげでストラップの色や素材を変えて楽しむタイミングが自然と訪れる。そんな恩恵もあるので、この部品交換は必要なものとして割り切ることにしました。

といっても私は黒や茶など、つい定番化させたものを買い続けてしまうのですが。

 

腕時計の雰囲気を変えてファッションとして楽しむしくみ(?)は昔からあったと思うのだけれど、てんでおしゃれではない私には無縁の世界でした。今だって必要性がなければ交換なんて考えなかったと思う。

でも実際には新調の機会があり、せっかくパーソナルカラーも知ることができたので、今後はそういった情報も参考に「選びなおす好機」を活かしていきたいです。

 

本日の猫。

天気は雨。久しぶりに本降りの一日でした。
雨を嫌う人も多い気がするけれど、私は大好き。

唯一、眠くなるのが難点。でもそんな感覚も猫と共有できるなら、幸せに思えます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ