古布からウエスへ、切るよりも裂く。

こんばんは、ヤマネコです。

まだ梅雨・初夏という季節ですが、少しずつ夏服の整理も始めました。

私は厳密に言うと「夏にしか着ない服」をあまり多くは持っていません。キャミソールやTシャツなどは冬の重ね着にも使うため、通年用です。ただ常に着ていれば劣化も早くなるため、傷みや汚れなどを見直すには衣替えのシーズンがよい機会。

今回の見直しでは私が手放す服はあまりなかったものの、家族の処分用衣類を数点含めて今朝はウエス(掃除用に使い捨てる切れ布)をつくりました。

ウエスづくり

そもそもウエスにせずに、そのまま雑巾代わりにしてしまう方法もあると思うので、つくり方にルールはないと思います。

そんな中、私がTシャツなどをカットするときの手順が以下のとおり。
(形や素材によって臨機応変ですが、あまり変わらない部分だけ)

まずは裏返して、タグや袖・襟などをカット。残った部分を切り分けやすくするための作業です。野菜を切るとき、実・葉・根などを切り分けるイメージで始めました。

一直線にハサミでカットしていっても良いのですが、私は裾などの厚みのある部分にだけハサミを入れて、あとは一気に裂きます。

生地にもよりますが、裂いたほうがまっすぐに早く切れるかなと。また生地の織り目に沿って分裂するので、使うときも糸くずが出にくくなるようです。

古Tシャツで布ぞうりなどをつくる場合も、裂くのがよいそう。裂き布で小物を作る職人(友人)に教えてもらいました。

裂け目が毛羽ついても、これ以上ポロポロほつれることはあまりありません。今回の生地は縦のラインは裂きやすかったのですが、横はヨレてしまったのでハサミで切っています。

あとは自分が使いやすいサイズに。
そしてざっくりたたんで、キッチンや洗面台へ。

一応「掃除用」ではありますが、実際にはティッシュ代わりにするなど多用途に使い切って処分しています。

「ウエスにする」は選択肢の一つ

「切って使う」はやはり手間を増やすことにはなるので、そのままゴミ箱直行の方が気持ちよく手放せる場合もあるかもしれません。それは人それぞれ。それで溜め込みを回避できるならそのほうがよいかなと。

単純に「ただ捨てる」が苦手な私にとって、その手間を増やしてでも使い切ることのほうがあっている。そんな風に考えています。

 

本日の猫。

ちょっと目を離した隙にタグを持って行かれました。

しばらく遊んでいましたが…

気付けば放置されていました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ