ヨレを気にせず、洗濯機で下着を洗う。

こんばんは、ヤマネコです。

数年前に、ユニクロのブラトップを買うのをあきらめました。

ずばり言ってしまえば、サイズがあわなかったからです。私の身体が貧相すぎて。

 

実店舗で見かけるブラトップのサイズは、S~XL。オンラインショップではもう少しサイズ展開があるのですが、なかなか挑戦する機会のないまま、カップ付きインナーを日常使いすること自体を控えるようになりました。

今はボディメイク(美容)を優先し、それでいて私にとっては苦しさのない、ワイヤー入りの育乳ブラというものを使っています。

とはいえ就寝時にワイヤー入りを身につけることには抵抗を感じ、夜だけソフトブラ(ナイトブラ)も取り入れるようになりました。私にとってはとても心地よいのですが、一点だけ問題が。

現在愛用しているナイトブラは、「取り外せるカップ」がついているんです。

 

女性の方には理解していただけるでしょうか?ソフトブラや、カップ付きインナーの「取り外せるカップ」の厄介さを。

ワコールの商品ではカップパッドと呼ぶようです。やわらかいブラ本体、胸を包む部分にあてるソフトカップ。多くは胸の生地裏辺りがポケットのようになっていて、そこに収めて使う仕様だと思います。

身につけているときは何ら問題のないこのソフトカップなのですが、洗濯のときにヨレてしまうのが悩みでした。

 

その点、ユニクロのブラトップはカップが縫いつけられており、洗濯しても当然ヨレ知らず。とても優秀。それはまごうことなき事実…とはいえ、今のナイトブラも着け心地はとても気に入っているんです。

どうしたものかと悩みつつ、洗濯ネットへの入れ方(ナイトブラを入れるときのたたみ方など)や、洗濯機の使い方(脱水方法など)、色々試行錯誤してきました。

が、昨年の秋頃に突然解決しました。

ナイトブラも、ブラ専用ネットに入れて洗えばよかったんです。

 

もともとワイヤー入りの下着は「手洗い」が推奨されるもの。でも毎日それをするのは大変…という私の横着精神ゆえ、専用の洗濯ネットを買いました。

これがもう、本当に楽で楽で。

手洗いよりは下着の劣化を早めてしまう可能性はあるものの、日々の家事を少しでも軽減させたいと思う私には大変ありがたいアイテムでした。

この中に、ナイトブラなどのカップ付きインナー(カップが取り外せるタイプ)を入れて、あとは洗濯機任せ。それだけで、カップがヨレることはなくなりました。

 

この専用ネット、全体的に生地は厚手で、中にはクッション性があります。そして箱(円柱)型を保つくらいの強度があるから、中身もヨレない。そういうことかなと。

私は下着だけではなく、ワイヤー入りの布マスクを洗うときにも重宝しています。とにかく洗濯機で洗うことが前提の、型崩れを防止したい布小物はこの中へ。

 

当初はもっと安くて、簡単なつくりの洗濯ネット(100円ショップにも下着用はあったので)でもいいかなと気持ちが揺れたものの、やわらかすぎる下着用のネットでは「ヨレ防止」にはあまり効果がないように思います。このかっちり感に、安心感がある。

私には少し高いアイテムでしたが、思っていたよりも多様性に富んでいて、日々の家事も、見方によっては美容にも役立つ道具の一つになっています。

 

生活の中の気づきが集うテーマ。

 

積雪翌日の、猫。

朝、なぜか外に出たがる猫を抱き上げたまま、庭を歩きました。

そんな彼も一瞬で(?)こりたようで、ストーブの近くへ走って戻り、数分後にはノビノビ眠っていました。

日差しはだいぶ暖かく感じたけれど、春はまだもう少し先のようです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。