和晒ヘリンボーン織の、ガーゼケット。

こんばんは、ヤマネコです。

入梅前の5月頃、念願のガーゼケットを購入しました。そして梅雨明け前だというのに連日の暑さにぐったりしながら、その一枚の快適さを強く実感しています。

購入したのは「和晒ガーゼケット」。

この「和晒(わざらし)」にずっと憧れていました!

和晒製法は昔ながらの製法で、4日間ゆっくり時間をかけてすみずみまで、不純物や汚れを取り除いていく製法です。今では主流の洋晒し製法は、薬品を使用し最新の自動精錬機を使い数十分で仕上げていきます。
商品ページより

一般的に、和晒で4日かかる作業が、洋晒だと40分程度で終わるそう。その手間・時間が使い心地につながるのであれば無視できません。…とは言え使用感などは未知のものだったので、まずはミニタオルを購入し、一年以上使ってみました。以前にも少しご紹介したもの(顔用)です。

  • やわらかさは増したのに、生地の傷みは感じない。
  • ほつれ、毛羽立ち、気になる劣化なし。

結果すごく長持ちしそうだなと感じ、ようやく通年使えるようなガーゼケットを買おう!と決心。ミニタオルと同じお店で買うか迷ったのですが、他に気になるものを見つけたので、思い切ってそちらで。

何が気になったのかというと…

(よく見えなくてごめんなさい)ヘリンボーン織り!

正直、寝てしまえば全くと言って良いほど柄は見えないし、感触もわかりません。でもヘリンボーン織りの生地は一般的な平織りのそれより強いイメージがあります。

あと、これも我が家独特の視点かもしれませんが…平織りガーゼは、猫の爪による被害が大きく出る気がするんです…。抱っこしている時にガーゼ生地の衣類に爪をたてられて(気持ちよくても爪が出ちゃうようで…^^;)穴やヨレができたことが何度もあり、これも「ガーゼ」を選ぶ上での課題でした。それがヘリンボーンなら被害も軽減するのでは?と。

 

ちなみにミニタオルのお店の同等品(シングルサイズ)と比較すると…

  • ミニタオルのお店:平織り六重ガーゼで一万円弱。
  • 私が購入したお店:ヘリンボーン二重ガーゼで五千円弱。

…お値段がほぼ半額だったのも決め手になっています。

いずれにしても、去年まで1500円くらい(定価の半額)のタオルケットを使っていた私が買うには高価なものでした。

 

そして早速試し始めて二ヶ月ほど経過。ここ一ヶ月ほどはガーゼケットだけで眠るようになったのですが…すごく快適です。

昨年まで使っていたパイル地のタオルケット(やはり綿100%)も嫌いな感触ではなかったけれど、ヘリンボーンのガーゼケットはまた全然違う肌触り。さらっとしていて、肌が汗ばんでいても「まとわりつく」感じがなく…過去に使っていたガーゼケットよりも涼しいです。

(写真の彼は最近布団の中まで入ってきませんが)こんな感じで寝ています。何度か書いていますが枕は使っていません。白を選んでしまったのでますます病室感が増しましたが…私は一日二回寝る(昼過ぎに5~10分の仮眠をとる)ので、自分が好きな色に。

毎日の睡眠がより良質になった気がします。

あくまで貧乏性の私の感覚ではありますが、寝具は「少し上質」のものを選びました。妥協はしない、でも高級でなくていい。使い心地は勿論ですが、コスパにつながる寿命も大事。

洗濯頻度の高いガーゼケットも寿命は長くないかもしれません。それでも大事に使って、五年、十年とお付き合いできたらいいな…と期待しています。

 

本日の猫は、まだ寝室から。

これだけガーゼケットの上でゴロゴロさせていますが、実は本当の寝床はこちら。

空になった衣装ケース(今は猫用品入り)が、夏季限定ベッドです。