ネコ型スタンド、癒しであり機能的。

こんばんは、ヤマネコです。

年に二度、携帯用の歯ブラシセットがほしいと思う機会がありました。

 

私が通う歯科医院からは半年に一度のペースで定期健診の通知が届きます。そうして診ていただいた折、新たな治療などが必要となればしばらく通院し、最後の受診からまた半年後に次の通知をいただく流れ。何事もなければ年に二度の定期健診が延々とくり返されるのですが、そのときに毎回「持参してください」と言われるのが日常的に使っている歯ブラシやその関連アイテムでした。

今のかかりつけの歯科医院では毎回の定期健診で必ず歯みがき指導があるんです。何年通っても続くルールについて不思議に思ったこともあったけれど、今ではありがたいなと思うばかり。

そして私が「歯ブラシセット」をほしいと思うのは、ほぼそのときだけ。

外出頻度は低く、たまの外食後に外で歯みがきをしようという気概もない私。そうなるとわざわざ歯みがきセットなどを持つのはもったいないという気持ちが先立ち、結局のところ用意することはありませんでした。それでも年に二度、必ずといっていいほど「買おうかな」と悩むことがずっと続いていたんです。

 

そんな中で、せめて歯ブラシの先端カバーだけでも用意しようかな、と思うようになりました。これはなかなか説明しにくい生理的な理由から。歯ブラシを外に持ち出すときには、気持ち的な理由からジップロックや厚手のハンドタオルなどで包むようにしてきたけれど、先端カバーがあれば心の負担が軽くなるかなと思ったためです。

ただここ数年は色々な歯ブラシを試す機会をつくっていたため、「どんな歯ブラシにもあうカバー」というのは難しいだろうと購入をためらっていたんです。

でも、とうとう買いました。

これはマーナから出ている「立つ歯ブラシカバーネコ」。

白(かなり白に近いライトグレー)と黒(ダークグレー)の二色セット。

もう一目ぼれのようなものでした。

 

素材はシリコン製で、猫のほっぺをぎゅっとつまむと口が大きく開きます。

ぱっと見でブラシ部分が大きめのものだと難しいかもしれませんが、私が試したブラシはほとんど問題なく先端が収まりました。

ブラシ部分が、猫の口の中にすっぽり。

とてもかわいらしくて、もはや見た目だけでも癒されてしまいます。

 

ちょっと恥ずかしながら、おしり(?)に穴が開いているので通気性も抜群。

シリコン製(感触もゴムっぽい)なので夏場などは湿気でカビてしまうことを心配していましたが、最初に水気を切ってから収めておけばとくに問題なさそうでした。

でも購入の決め手となったのは、ブラシを立てるスタンドとしても使えるところ。

立てるときは歯ブラシの持ち手側を猫の口に。これなら定期健診での持ち出し用キャップだけでなく、日常的に収納グッズとしても使えます。しまいこむ必要がない2way仕様が、私にとっては最大の魅力でした。

 

余談ですが、ブラシ側を口に入れた状態でも立てることができました。

ただし向きによっては安定しなかった(向きを慎重に決める必要があるので手間がかかる)ので、やはり立てるときは持ち手側、持ち出すときはブラシ側という使い分けがよさそうです。

 

この猫は、二つセットで販売されています。当初は家族とシェアすることを考えていましたが、私は歯医者さんへメインの歯ブラシとは別にワンタフトブラシなども持っていくので、キャップとしては二つセットであることが役立っています。

何より、この猫がなんともかわいい。

私は昔ほど猫グッズ(猫柄や猫の形状のインテリア雑貨など)を買うことがなくなったのですが、これは見た目の満足感とともに機能性も満たしてくれて、出会えてよかったなと毎日歯をみがくたびに思うようになりました。

 

私は猫まっしぐら(?)でしたが、同じシリーズに「さかな」や「ペンギン」などもありました。

 

本日の猫。

今日も抱っこをねだってきた弟猫。

牛柄のけりぐるみは、自分でくわえて持ってきました。彼は前世が犬だったのかもしれません。

今は猫ですけど(キラリ)。

わんにゃんともに大好きな私にとって、2way(?)な彼との暮らしはワンダフルライフそのものでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き