動物病院で「言わない」と決めたこと

こんばんは、ヤマネコです。

昨日、歯科での出来事について書きながら、もう一つ思い出したことがありました。

私が(?)一番お世話になっている医療機関、動物病院での話です。

獣医さんの本音

何年か前に、ある獣医師の方のコラムが目に留まりました(検索したのですが、当時の私が拝読したものは見つけられませんでした)。かかりつけではなくても「先生の本音(と思われる文面)」に触れられる機会は稀少だったので興味深く拝読したのですが、それをきっかけに始めたというか、やめたことがありました。

それは動物病院での診察中に、「ごめんね」と言葉にすること。

 

以下、普段は使用を控えている「飼い主」という言葉を使います。

「ごめんね」

猫の不調に気づいて動物病院へ連れていき、処置をしてもらっている最中、たとえば注射などを打ってもらうときに、つい飼い主の立場なのに「ごめんね」と口にしてしまうことがありました。

痛くしてごめんね。
嫌なことをしてごめんね。
ごめんね、ごめんね…

猫に対して、無意識にそういう意味合いを込めて呟いていたのだと思います。

獣医さんの受け止め方

でもこの「ごめんね」。獣医さんの立場で耳にすると、まるで「自分たちがひどいことをしている」かのように聴こえてモヤモヤする場合があるそう。

私が発する「ごめんね」には先生やスタッフさんを責める気持ちなどみじんもなかったけれど、もっと言うなら、自分の飼い主としての配慮不足を反省する想いでの「ごめんね」なのだけれど、立場が変わるとそう聴こえるのかと驚きました。

想定外の伝わり方

すべての動物病院のスタッフさんがそう受け止めていらっしゃるかはわからないし、そのコラムを書かれた先生が特別に繊細な方なのかもしれないとも感じましたが、でもなんとなく、その先生の想いも理解できるような気がします。それにこういうちょっとしたモヤッとに対し、第三者から「考えすぎだ」と一蹴されたり、笑い飛ばされたりするのが、自分だったら辛い。

…というのは、このブログでは過去に何度となく吐露してしまいました。

などなど、自分で読み返すと心が弱いなと改めて思うのですが。そんな私だからこそ、そして一番お世話になっている動物病院だからこそ、無視はしたくなかったのです。

だからマイルール

そういう感覚は人それぞれで、すべての人に配慮した言葉選びはなかなか難しいけれど、そう感じる先生がいらっしゃると知った上でどうしても選ばなければいけない言葉ではありませんでした。

だからそれを機に、診察室の中では極力「ごめんね」を言うのをやめました。

かわりに

代わりに、小さく「がんばれ!」と言ってます。

がんばれ、にゃんこ!
さすが、うちのこ!

「こちとら既にがんばってるし!」と今度は猫に叱られそうですが、他にも「大丈夫だよ」とか「すぐに終わるからね」とか、毎回状況に応じてなんとか言葉をひねり出しています。もちろん名前も呼ぶ。そして終わってから、帰宅してから、めいっぱいご機嫌をとる。

とにかく「ごめんね」を言うのは、人前じゃなくていい。
そんなマイルールを胸に、今も動物病院のお世話になっています。

 

本日の猫。

…の写真を載せたいところなのですが、最近彼らはごはんを食べるときくらいしかごきげんな顔を見せてくれなくて(毛布の中から出て来なくて)…少し前の写真を小出しにさせていただこうと思います。

ぷすっ。

…(怒)

許さんパンチ!

??

逃げ足の速いやつめ…。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ