床の傷防止に、椅子のキャスターを交換。

こんばんは、ヤマネコです。

昨年からキッチンでキャスターつきの椅子を使い始めたのですが、私には大正解でした。

これまでもキッチンには椅子(脚立兼用)を常備していて、その便利さは実感していたけれど、新しいものは高さの調節ができ、キャスターもついています。どんどん楽になって、食事のしたくにまつわるストレスも少しだけ減った気がします。

 

ただ唯一心配だったのが、キャスターが床にかける負担のこと。

子ども時代、勉強机についていた椅子もキャスターつきでした。フローリングの床を「歩かずに移動できる」というのはその頃から楽しくて、気づけば机周辺のフローリングはボロボロ。だから大人になって仕事用にキャスターつきの椅子を選んだときは、迷わずチェアマットを敷きました。

でもわが家のキッチンでは長年マットを敷いていません。キャスターつきの椅子を採用するにあたり、その点をどう対処するかが購入前からの悩みだったんです。

今回の椅子はその悩みがあってこそ選んだもの、ともいえました。

メーカーは、サンワサプライ。インテリアメーカーというより、オフィス用品やパソコンの周辺小物などを多く扱っている会社のように思います。そして今回の椅子について大きな決め手となったのは、様々な種類の「対応キャスター(車輪)」が選べることでした。

この白いキャスターもすごく好きだったのですが、素材が硬め(おそらくナイロン製)。

昨年内にこれを別売りのウレタン製キャスターに交換しました。

 

ウレタン素材のキャスターには弾力があり、フローリング向きとされています。マットを敷くよりこちらのほうが簡単だし、掃除の楽さもこれまでどおり。段差の心配をする必要もありません。

ただ純正品では白いウレタンキャスターを見つけられず、色についてだけが購入前の悩みでした。結局は素材を優先して黒いものを買ったけれど、意外にもほとんど違和感を持つこともなく、あっという間に一ヶ月以上が経過しています。

何より毎日使うもの、「床に傷がつきにくい」という安心感には代えられませんでした。

 

キャスターの接続部にも色々規格があって、メーカーが違う椅子とキャスターでも互換性を持つ場合があります。ただ私にはその見極めが難しく、サンワサプライの推奨品から選べることが安心でした。それが今回の椅子を選んだ理由の一つだったんです。

尚、交換用キャスターは椅子と同じく楽天でも買えたのですが、私が買ったときはAmazonのほうがだいぶお得だったのでそちらから取り寄せました。

 

無事に交換した後も、最初のうちは床への影響を心配せずにはいられなかったのだけれど、今のところまったく問題なさそうです。乗り(?)心地も快適そのもの。

設置直後から猫も一切の抵抗なく抱っこを求めてやってきます。

ちょっと困るのは、ワークトップの上が猫の目線でも見通せてしまうこと。

うちはここに猫が乗ることを許しておらず、猫たちも一応承知していて、基本的には(人が見ている前では)上がろうとしません。でも椅子に座れば視界には入ってしまう。これは仕方がない。

結果、私のおやつもしょっちゅう見つかり、熱い視線で要求されては根負けのシェアに至ります。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ