2024.6.15 現在一部の画像が表示されないトラブルが起きています。様子を見つつ順次対応いたします。

ユニクロ*備えの、ワッフルレギンス。

こんばんは、ヤマネコです。

先月のことなのですが、ユニクロでワッフルレギンスを買いました。

 

数年前の秋冬からセパレートタイプ(左右の脚それぞれ「太ももまで」のタイツやレギンス)を愛用しているので、レギンスを買う機会も減ってしまい久しぶりの買い物になりました。

友人からのアドバイスも得て選んだのが、ユニクロのワッフルレギンス。

オンラインショップで生地のアップを見て凹凸のある手ざわりをイメージしていましたが、思っていたほどのボコボコ感(?)ではありませんでした。

  • 綿:73%
  • ポリエステル:17%
  • ポリウレタン:10%

コットンベースでさらっとしているし、やわらかいし、はきやすい。真冬の着用がまだなので摩擦による静電気などはどうかな? と思うところですが、友人の話では大丈夫そうかなと。

でもこのレギンス、実は「非常時用」に買いました。

 

私のふだん着寝間着は現状100%ワンピース。夏場だと自宅では素足です。秋以降は前述のセパレートタイプのフットウェアを取り入れるようになり、一般的なタイツやレギンスの出番はほとんどありません。デザイン的な好みで、外出用に買っておくくらい。今回レギンスを一点だけ購入したのは、非常用の荷物に収めるためです。

ワンピースは、つまるところ「スカート」スタイル。もしもの避難所生活になったとき、座るのが床だとスカート丈によっては気になるかなと。動きにくさも感じそう。パンツを一本用意しておくことも考えたのですが、「着ているワンピースと組み合わせる」というのも難しいなと(コーデというより軽快さ)。

それに、しっかりした生地のものはかさばりがち。持ち出し用荷物に入れるのに適したものをと考えたとき、丈夫そうな生地のレギンスがいいかなと。

そして選んだのが今回のワッフルレギンスでした。

 

事前に試しておこうと何度か着用してみたのですが、チクチクもしないし、動きにくくもありません。ワンサイズ大きめを選んだのでしめつけもなく、幸いずり落ちもしませんでした。十回弱の着用と洗濯では毛玉もできず、傷んだところもなさそうです。そしてやっぱり動きやすい。

持ち出し用の荷物に収め、不安の一つが減りました。実際に避難するときは自分の身なりより、猫たちのことを優先できればと思っています。

 

最近ちょっと寒い猫。

台風前までは床でごろごろしていた猫ですが……

最近は布の上を求めるようになっています。

撮影しようと出した衣類にのるのはいつものことですが、干してたたんだふわふわの洗濯ものを寝床にするのはお控えいただきたい季節になりました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き