ユニクロ*夏の制服化、再検討になった理由。

こんばんは、ヤマネコです。

ふだん何ごともなければ、ワンピース二着で暮らしています。

毎回それぞれの季節にあわせて二着を用意。状況(汚すなど)に応じて着替えが必要になることもあるので、四着目くらいまで備えるけれど、基本的には日替わりで着るぶんがあれば問題ないかなと。

今年の夏は昨年と同じ無印良品のフレンチリネンのワンピースを持ち越すつもりでいました。新しく買いなおす気持ちはなく、予定どおりに衣替えを終えて一安心したのですが、思うところあって別の二着を買い足すことにしました。

 

新しく手に入れたのは、ユニクロのワンピース。

二着ありますが、色も形も同じものです。

 

持ち越し予定だった無印ワンピも、黒のノースリーブ。

床置きで見ると雰囲気は似ているのですが、襟の形や素材などに違いがあります。でも今回、買いなおしのきっかけになったのは「丈」でした。

  • 無印良品(2018年夏購入):着丈109.5cm / Vネック / 麻100%
  • ユニクロ(今回の購入品):着丈85cm / ラウンドネック / 綿60%・ポリエステル40%

(着丈はいずれもSサイズの場合)

ユニクロのほうが25cmほど短いつくりになっています。

 

無印良品のリネンワンピ、毎年新作が出ますが大好きです。ただ今年の梅雨入り前の暑さは異常なほどで、私は「この服だと暑い」と感じてしまう日が続いていました。

  • 着丈が長め(その上、低身長)。
  • 生地がたっぷり使われている。

どちらも「好きな理由」だったはずが、もともと極度な暑がりの私にとっては「暑さの理由」にもなってしまいました。

丈の長さは外だと脚の日よけになったり、スカートのふんわり具合のおかげで風が通ったりと涼しいのですが、家の中、とくにデスクワーク中は「ひざ掛け」をしているような暑さ。座っている間はスカートをたくし上げるような状態で、人には見せられないと思いながら作業していました。

 

昨年も暑かったはずなのにあまり覚えていないのは、夏の前半は外出が多かったおかげかもしれません(あとメインの仕事を休んでいました)。

問題は今年。これから本格的な夏を迎えるのに不安になってしまい、今回の見直しがスタート。

そしてたまたまセールになっているのを見かけたユニクロのワンピースに決定です。

 

選んだワンピースの特徴がこちら。

  • 着丈85cm(身長150cmほどでも着るとひざ上)
  • ノースリーブ・ラウンドネック・ブラック
  • 綿60%・ポリエステル40%(生地に凹凸のあるジャカード編み)
  • ポケットあり
  • 価格:990円(ブログ公開時点)

私が買ったときは1200円くらいだったと思うのですが、また値下がりしていました。まだ7月なのに夏服のセール、ありがたいです。

生地はしっかりめですが、厚すぎることはないかなと。指先でも柄を感じるジャカード編み。

当初は化繊が入っていることで迷い即決はしなかったのですが、他店もチェックした上でこちらに戻ってきました。希望サイズ・丈を優先して、これが一番理想的だなと。夏服なので静電気もあまり気にしません。

猫の毛はどうだろう、と思っていましたが、つきます。しかも黒だから目立つ。でも目立ってくれないとお手入れもおろそかになってしまう人間なので、洋服ブラシでこまめにはらっていく方針です。

 

問題の丈ですが、理想の長さでした。
ただし、ひざがドーンと出ます。

旧ワンピース丈とのギャップに最初は戸惑ったけれど、ご近所に出られないほどではないかなと。何より家時間が快適になり、涼しさ優先で丈を選びなおしたことは私にとって正解でした。

生足の見た目と紫外線が気になるので、出かけるときはレギンスをはこうと思っています。本当ならそれも常にはいておきたいけれど、私の場合はまた暑くなるし、猫がのぼってきてしまう問題もあるので、外出直前に着用します。

 

このユニクロのワンピースを買ったのは今月頭のこと。そこから無印ワンピを手放すかを迷い始めたのですが、実は最近、また着る機会がありました。

梅雨半ばの関東が少し寒かったから。一ヶ月前は暑くて仕方がのなかったワンピースでしたが、梅雨の涼しさの中では快適だったんです。

そんなわけでこのまま残し、また秋口の復活を考えることに。昨年の秋に着ていたシャツワンピは先日の整理で手放してしまったので、タイミングよく補填できました。ノースリーブで寒くなったら、重ね着して晩秋まですごしたいと思っています。

 

今後の予定。

各二着ずつ。

過剰な備えのようにも思ったけれど、メリットに感じているのがシーズンごとに「三着目以降の予備服」を考える必要がなくなったこと。夏に着替えが足りなくなったら一時的に秋服を着ればいいし、秋に足りなくなったら冬服(薄手)を着ればいい。冒頭でもふれた、着替えとして予備を用意するという考え方はもう必要ないかもしれません。

ひとまず今年はその方向で冬まですごしてみようと思います。

 

 

本日の猫。

逆光のイケ猫。

兄猫たちが徐々にまとい始める(私にだけ見える?)哀愁の空気。かっこいい。

弟も逆光で。

…………うーん、まだまだ子犬感が抜けないですね(猫なのにね)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ