冬ワンピの買い足しを、ひとまず見送る。

こんばんは、ヤマネコです。

数ヶ月前から冬服について考え始めていました。

 

おしゃれな人が気にかける「流行や情報の先取り」ではなくて、早めに用意すれば安心だし、お得でもある(季節はずれでお安い)かな? という、とても現実的な理由からです。

だから春から夏にかけて冬服を買うことも多いのだけれど、今年はいつもどおりのインナーと、劣化による交換が必要になった寝間着などを少し買い足しただけで「新しい外出着(ワンマイルウェア)」の準備はほとんどせずにすごしています。

ただ、もう9月。まだ9月、ともいえるけれど、私はそろそろ考えておきたいなと。

 

ここ数年の私は「ワンシーズンにワンピース2~4着」という制服化を続けています。そこに和服が加わってからは少しバリエーションが増えましたが、思うところあって今は除外して考えることに。

昨冬のワンピース二着は手放しずみで、本来なら買い足しが必要なはずなのですが、今季はそれも見送ろうかなと。というのも、「夏服」の重ね着でなんとかならないかな? と目論んでいるためです。

 

夏服というのは、二年ほど前に購入した無印良品のフレンチリネンのワンピース。

今年も春から夏(現在)にかけてよくお世話になったのだけれど、とうとう生地の痩せを感じるようになってきました。とくに光にかざしているつもりもないのに、生地の裏側においた手が透けて見えるような感覚。生地というより、織の糸が痩せてきた、と表現すべきかもしれません。

色は黒を選んでいたので下着なども透けることがなく、夏場は「一枚でさらっと着る」ができていたのだけれど、さすがにそれも難しくなってきたかなと。夏の初めには感じなかった変化なのですが、おもむろに変わり続けていた部分がここにきて際立ってきたのかなあと思っています。

 

そんなわけでこのワンピース、潔く今季で手放すつもりでいたのだけれど、他の劣化(穴あきなど)がないため少しもったいないようにも感じていました。そして、ふと「冬服のメインに使えないかな」と思い立ちました。夏用に買って、実際に夏場に大活躍させていたワンピースですが、傷みを感じ始めた頃合いで冬服の「重ね着用」に転用するのはどうかなと。

形状がシンプルなので重ね着には使えそうだし、夏向けだと思っていたリネン素材があったかいことは過去にも実感しています。丈も長めで使い勝手がいいかもしれない。しかも同じものが二着あるので、重ね着次第で洗い替えにも困りません。

何よりすでに所持していて、元手がかからないなら試してみる価値もあるかなと。

重ね着するもの(セーターなど)を何か考えなければいけませんが、ベースとなるワンピースが一番悩ましい部分だったので、そこが決まってしまえば気持ちが楽になりました。

実際に冬をすごしてみて、やっぱり寒いとか、コーデが難しいとか、不満を持つこともあるかもしれません。ただ、おそらく今年の冬も引き続き「外出自粛」が続くのかなと想像しているため、そういうときにこそ色々試してみたいなと。今年はたびたび、そんなことを考える一年になっています。

 

本日の猫。

こちらはひっくり返したトイレ(未使用&予備※ふだんはベッド代わり)です。

中に敷いていたタオルなどを引っぱりだしたのが彼。
ひっくり返したのも彼。
この中に自発的に入ったのも彼自身。

私は後からそれを見つけてびっくりした人間です。

びっくりした(?)のは私だけではなかったようで、兄猫も。

「いるな」というのを何度も確認していました。

覗かれるのが嫌だったのか、中の弟猫はトイレをかぶったままヤドカリのように移動して行きました。

兄猫が押しているわけではありません。

中の弟猫が、ずるずるとトイレを背負ったまま去っていきました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き