衣替え、2パターンで冬の制服化。

こんばんは、ヤマネコです。

今年はとりわけ秋が短いのだな、と思いながら、今月から冬服へと衣替えしました。

必要なものはそろっているので、あとはいつ切り替えるかだけの問題。秋服にと購入したパーカーを気に入っていたので今秋もう少し着たいと思ったけれど、徐々に気温が下がっていく週間予報を参考に、そろそろかなと決めました。

メインはこの四着(2パターン)です。

さすがに春から準備するのは気が早いとは思ったけれど、自分で買いおいたものに対して半年たっても後悔はないし、すごく気楽。出費も減らせたので、私の場合は見つけたときに買ってよかったのだと思います。

プラス、昨年は「子猫が脚を上ってくる」という稀有な事情によりあまり使えなかったタイツ(サイハイソックス)や、最近購入した靴下を気候や用途に応じて取り入れながら一冬すごしたいなと。

靴下以外は基本2パターンしかないので、傷みが早ければ途中で新しい服を追加したり、秋服を重ね着で足すことも考えていきます。

 

そういえばセーターを着始めたとたんに、猫の「とびのりおんぶ」が再発しました。何の予告もなく私の背中にとびついてくる、という攻撃さながらのじゃれ方です。薄着の季節は減っていた行動なのですが、冬服になってからはほぼ毎日、なんなら毎日何度もぴょんぴょこと。おそらく彼も「あの背中(セーター)なら爪がひっかかる」と理解しているのだと思う。

その行為、へたをすれば私の背中が流血沙汰となるので以前は控えてほしいとも思ったけれど、その手段はないに等しいのです。それなら逆に「とびかかられてもいいセーター」を用意するほうが建設的かなと。だから思惑どおりに背後からとびかかってくる猫を背負って、思わずニヤリとしてしまう日々が始まりました。

ちなみにセーターは、猫の爪がひっかかりつつ私の肌までは届かない適度な厚みのもの、且つ静電気がおきにくいもの(コットンニット)、という条件で選んであります。

 

そんなやんちゃすぎる性格の子を含む猫たちとすごすこと。
服の数が少ないぶん、一着ごとの着用・洗濯回数が増えて傷みやすいこと。

前提がそれなので長持ちは期待できそうにないけれど、猫と遊ぶときも傷みを気にする必要はなく安心だし、毎朝迷わない(ほぼ選択肢がない)というのは私にとってはとても快適。

今冬ははんてんも手に入れてあるので、準備万端で心地よくすごせたらいいなと思っています。

 

本日の猫。

とびかかってくるのは予告なしに、と前述しましたが、正しくは「抱っこ抱っこコールをしばらく無視していると」です。

だって一度抱っこしてしまうとなかなか終わりがこないから。

猫がおりてくれないから、というのもあるのですが、私が抱っこし続けていたくなっちゃうから。猫との暮らしは、そんなジレンマとの戦いの日々でもあります。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ