春の制服化スタートと、今後の衣替え計画。

こんばんは、ヤマネコです。

三月に入ったと同時に、私服の制服化も春服へと切り替えました。

春用に購入したのは、先日記事にしていた無印良品のワンピース。今日はホワイトベースのウィンドペン柄ワンピをおろしました。

靴下は、ストレッチ足袋とニーハイトレンカで今も模索中。

室内履き(靴下)は、外出前に脱ぐか履き替えることが多いです。靴下に関しては主に猫事情ゆえ、そんなルールになっています。

今日は昨日よりもちょっと寒い気がしたのでトレンカですが、日によって選べるように(靴下・レギンス・タイツなどで)3~5種類くらい用意しておくとよさそう。

トレンカの足元は、ルームシューズでカバーしました。
(グンゼのルームシューズ、リピです)

 

それから冬の間は少し出番が減っていたリネンストール。お正月には三角巾にも応用していたものですが、こういうさわやか色はこれからの季節のほうが合わせやすそう。

意外とデニムとも相性がよいように思え、二着そろえたワンピースのどちらとでも使っていける気がします。

 

そんな私の私服(ワンマイルウェア)の制服化ですが、一年間を思い返してみると購入したのは計八着でした。春夏秋冬それぞれ二着というわけではなくて、予備などを含めての数。

  1. 春:GUのコットンシャツワンピ×2
  2. 夏:無印良品のリネンボートネックワンピ×2
  3. 秋~冬:ahaahaのコットン七分袖ワンピ×2

プラス、予備が二着。
(和服・TPO別の外出着は別途持っています)

ちなみにGUのシャツワンピを買う前に着ていたのは、前年(2015年)購入品なので数には入れていません。

考えてみると、四季それぞれに衣替えをしていたわけではないんです。予備服を考えなければ、年間六着でもと思えるペース。

  • 梅の頃~立夏すぎ(3~5月)
  • 梅雨始め~秋半ば(6~10月)
  • 晩秋~立春すぎ(11~翌2月)

ワンピースなら、各二着で十分なのでは?と。

 

昨年は「ふだん着物」として和服生活も取り入れたのですが、いざとなったら和服を予備服にすることも今後は考えられるかなと。

長時間のデスクワーク中は難しいのですが、家事なら問題なくできそうな気がします。…いえ、できるようになりたいです。

だから、事前に予備のワンピースを考える必要はなし。

そんな気持ちで、今後の衣替えは年三回で試しつつ、ひとまず一年過ごしてみようと思います。

 

本日の猫。

実は、先月半ばから一部の子だけ「首輪」に挑戦しています。
できれば無理に着けさせたくないのですが、防災面でも心配なので。

ちょっと、おなかは見ないでください(怒)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pocket

yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。