梅シロップは、いつものお砂糖で。

こんばんは、ヤマネコです。

今年の梅しごとは、今月頭に仕込んだ「梅シロップ」からのスタートでした。

 

今年最初の梅の実は、(昨年同様)声をかけてもらった親戚宅にて私がはしごに上って収穫しました。

ひとくくりに「梅」といっても、こちらは品種的に果肉の薄い実がつくため、梅干しなどには向かないのだそう。たしかに完熟まで待っても、そんなにやわらかくはなりません。そもそも結実も少ないようなのですが、それでも一本の木から1kgほどの実が収穫できました(落ちている実もあったので2~3kg結実したのではないかと思います)。

今年もこの梅ではシロップを仕込むことにしました。

 

梅シロップといえば氷砂糖を使うけれど、わが家で使ったのはいつもの甜菜グラニュー糖。

手順としては氷砂糖を使うときと同じで、処理した梅の実とグラニュー糖を交互に瓶に入れていくだけ。砂糖の分量は梅の実と同じ重量を使っています。

 

氷砂糖との違いは完成時の味などにも影響してくるのですが、どちらがいいかは好みの問題かなと。私はどちらでもおいしくいただけてしまうし、家族もそこまで味にうるさくないし、今はストックしてある甜菜糖を使うことにメリットを感じています。

ただ完成前の工程にも違いはあって、「砂糖が下に沈殿しやすい」のがデメリット。

ある程度の水分が出てシロップ化が進めば、氷砂糖を使っても途中経過として分離(氷砂糖が底にたまる状態)は起こります。

ただ細かい砂糖の場合は少量の水分(じわじわ出てくる梅果汁)を含むと粘度の高いまま底に沈み、なかなか上のほうの水分と溶け合ってくれません。ちょっとやそっと振ったくらいでは解決できず、仮に瓶を逆さまにして一日おいたとしても、ほとんど微動だにしない層になってしまうことも経験ずみ。そうなってしまったら、消毒したへらなどを使い強制的にかき混ぜるしかありませんでした。

これが氷砂糖を使わないデメリットかなと思っています。

  • 新たに買う、氷砂糖(作業の手間と心配が少ない)。
  • いつも使っている、甜菜グラニュー糖(用意する手間が少ない)。

私は甜菜糖を使っても完成後に飲めないほどの大きな失敗はせずにすんでいます。ただ氷砂糖と比べてみると、難易度(手間と心配の多さ)は上がるように思いました。

といいながら、今年も後者で挑戦したのですが。

そんなわけで完全に砂糖が溶けるまで少し時間がかかって実は茶色くなってしまいましたが、無事にシロップができあがりました(またたびを活けた頃)。

 

ここまで実の色が黒っぽくなってしまったのは、材料とした梅の品種の問題のようにも思います。これだと昨年のようにジャムへと転用するのは難しそう。シロップと分けた実は、今年はこのまま処分しました。

自宅の分はこのまま瓶で保存してもよいのだけれど、ペットボトルなどに移し替えたほうが扱いやすさが上がります。

わが家ではあまりペットボトル飲料を飲まない(買わない)のですが、果実シロップを割るのに使うおかげで炭酸水の空きボトルだけはよく出るため、それを活用しました。

広口の瓶のまま保存するときは、その都度レードルを使用。

一般的な果実酒(シロップ)用とは形が違うのだけれど、このレードルは本当に買ってよかったです。

 

そんなわけで今年の梅シロップが完成しました。

  • 今年は暑くなるのが早かったものの、平常と思える梅雨の暑さ(わが家のキッチンは常温)。
  • シロップに使った梅の実は、小粒の青梅(やや樹熟)。
  • 砂糖は甜菜グラニュー糖(果実と同量)。
  • 仕込みのスタートから三週間弱で完成。
  • 砂糖の沈殿はあったものの、発酵や傷みはなかった。

できあがった梅シロップは、なんだか昨年よりさっぱりした仕上がりになったように感じました。

その年の気候や、使う実によってできあがりの色や味には変化が出るもの。個人的には常に同じ出来栄えを目指すより、そういう変化を楽しむことを、季節しごとの醍醐味にしています。

 

本日の猫。

猫が私のお風呂に同行するようになって数ヶ月。ずっとバスタブの蓋の上でゴロゴロするのが定番だったのに、最近は途中で出してくれ(脱衣室に行きたい)とせがまれるようになりました。

理由はこれ。すりガラス越しの遊び。
躍る。躍る。

たぶん、指をつかまえようと(?)しているのだと思う。

バスルームにいればもっと別の遊び方ができるのに、なぜだかこの「ガラス越し」というのが大好きなようです。

私が湯船につかってしまうと扉に手を伸ばすのは難しくなるのですが、そうするとまた「入れてくれ」コールが始まる。それが最近の、私のお風呂事情です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ