散らかりにくい、猫の爪とぎ。

こんばんは、ヤマネコです。

数週間前に猫用の爪とぎを新調し、初めて木製のフレームタイプを使いはじめました。

 

わが家の愛猫たちの大多数が、爪とぎはダンボール派。
(その他の派閥には、ウレタン派やカーペット派などがあります)

というわけでダンボール製の爪とぎを複数常置しているのですが、これまではケース(枠)などに入れず、素のまま使ってもらっていました。安く手に入る紙製のケースではすぐにボロボロになってしまうし、ケースなしのほうが掃除も楽だと思っていたから。

猫に蹴っ飛ばされるたびに移動はしてしまうけれど、猫自身の体重をかけて(乗って)がりがりするぶんには安定しており、それでよしとしていたんです。

ただ過去に一度だけ、蹴飛ばされたダンボールがお客さまの足にぶつかるトラブルがあったので、以来「すべり止め」の対策が必要かなと思っていました(トラブル自体はダンボールがコツンとぶつかっただけで怪我をされるようなものではなかったけれど、とても申し訳なかったのです…)。

それが今回の木製フレーム購入につながりました。

せっかく買うなら、しっかりした日本製。
塗装仕上げなら白系のもの、もしくは、シンプルな木目調のもの。
交換用のダンボールに、互換品(他店で購入できるもの)も選べること。

…などの条件でさがしたものです。

 

希望どおりの、すべり止めつき。ガタつきもなく、想像以上にしっかりしていました。

ダンボールは上からスポッと入れるだけではなく、サイドの縁を覆うようにしっかり囲われ、中身が飛び出さないような仕様になっています。

枠の一辺はダボで留まっていて、簡単に着脱できました。

仕上げがとてもきれいで、さすが日本製だなと大満足。

他店で購入するダンボール爪とぎも、同等サイズ(長さ45cm×厚み2cmくらい)のものであれば、横幅が多少足りなくても収めることができました。

※ホームセンターなどでは「厚み3cm」の製品も多いので、要注意。

ジャストサイズのものが別売り(通販)もされていますが、とっさのときには地元でも手に入るような代用品で対応できるのはありがたいです。

 

代用品の検討はしているけれど、こちらのショップは、ダンボールもなかなか丈夫。

上の写真は約4猫で半月使ったあとの状態ですが、表面の劣化はあるものの、ほとんどゴミが出ていません。

ゴミが出なければ掃除も楽で、劣化が遅ければお財布も助かる。通販の手間と送料は悩ましいけれど、基本的には同じものをリピするつもりでいます。

 

それ以前に使っていた爪とぎ(ダンボール製)も本当に頑丈で気に入っていたのですが、たしか昨年から大幅に値上がりしてしまいまして、それも新たな爪とぎさがしのきっかけになりました。

 

ちなみに、木枠の一辺が外れるといっても、中のダンボールを取り出すときは「本体をひっくり返す」必要がありました。ほぼジャストサイズで収まっているので、そうしないと出しにくいのです。

それを解消するために、使い始めの一工夫。

短い結束バンドを隅っこにとおして、指をひっかけやすいようにしてみました。

ダンボールの交換は(一ヶ所を2~3猫で両面使って)二ヶ月ごとかなと思っているので、その都度結束バンドを交換しても、さほど手間にはならないかなと。位置的にも猫たちの邪魔になることは少ないと思うので、このまま使い続けてみます。

 

わが家の猫たちは、半数が夏生まれです。

保護猫ばかりなので正確な誕生日はわからないのですが、保護時期から逆算して、おそらく6~8月生まれと言われた子たちが半数。春に旅立った愛息も、梅雨の生まれでした。

だから実用品でありながら、ちょっとしたお誕生日プレゼント感覚で奮発したのが今回のフレーム。といっても、最初に見かけた木製フレームは4万円もするびっくり価格だったので(とても上質なのは理解できたのですが…)、十分の一で購入できたことは幸運に思えます。

品質や条件に関してとうとうと語りましたが、正直そんなことはさて置いて、猫たちがすぐに使い始めてくれたこと、それが何よりうれしい買い物でした。

 

爪とぎはこちらで購入しました。私は同梱しそびれてしまったのですが、詰替え用も同時購入すると送料が節約できると思います。

 

本日の猫。

これ、ボクの。

いや、オレの。

悩んで買ったものを気に入ってもらえる、って、見ている私にとってのご褒美なんですけど。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告