詰め替えそのまま、その後。

こんばんは、ヤマネコです。

本日10月20日は、語呂合わせにより「頭髪の日」。

久しぶりにシャンプー用ディスペンサーのその後を書かせてください。

 

昨年の夏前に使い始めたのが「詰め替えそのまま」という商品名のディスペンサー。

シャンプーの詰め替え用、袋タイプのものに直接装着させて使うアイテムです。

使うときは吐出口部分のパーツを押すだけ。

2020年初夏から使い始めて二度の夏をすごし、そろそろ何かしらトラブルが起こっても仕方のない頃合いでは? とこまめにチェックしていたのですが、何の問題もなく、今もすごく快適に使うことができています。

 

私が心配していたトラブルの一つは、部品の樹脂素材に対してのかびや、見えにくい部分に使われている金属へのさびなど。とくにやわらかいエラストマー樹脂には夏の間に黒ずみや赤いぬめりが発生してもおかしくないと覚悟していたのだけれど、すべて杞憂に終わりました。

二年目の夏を終えても衛生的な状態が保てているので、今後もよほどの悪環境に放置しなければ問題なく使えるだろうと確信しています。

ボトルをバスルームに置いていた頃は入浴後に毎回持ち上げて底を拭いたり、場合によっては都度持ち出す(シャンプーボトルを浴室外で保管する)ことを試してみたりと試行錯誤していたけれど、今はその手間自体がなくなりました。

最初はシャンプーをしぼり出す(?)際に、吊り下げている袋が落下しないかたびたび心配していたのだけれど、セット時にさえ気をつけておけば微動だにしないものだなと納得。

またわが家の設置方法では壁と袋が密着してしまうので、当初はその部分のかびなどが不安で、発覚したらどうブログに書こうか? とまで思い悩んでいたんです。ところが神経質なまでのお手入れをせずとも清潔に使い続けることができており、その便利さを改めて実感できました。

 

安定して使えるし、詰め替えも楽だし、衛生的だし。強いて難点をあげるなら見た目の問題で、インテリア的におしゃれではないだろうこと。

でも基本的にはお客さまの目に留まる場所に置くものではないし、何よりも暮らしの道具は清潔であることが美しさを評価するポイントの一つだとも思うので、結果的には大満足。

存在を知ってから導入するまでにはそれなりの年月を要したけれど、袋タイプの詰め替えシャンプーを使い続ける限り、このスタイルが私の理想には一番近いものだと思っています。

 

大きいタイプ(ワンプッシュで出てくる量が多め)もありますが、わが家ではミニサイズで十分でした。

 

本日の猫。

ここ数日で本当に寒くなってきました。冬じたくは少しずつ進めていたのですが、とうとう今夜からは寝具も冬物に。

リネンのシーツとはまたしばらくお別れです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き