使い切って「詰め替える」のが気持ちいい。

こんばんは、ヤマネコです。

最近は何かを「買う」時より「使い切った」時感じる達成感のほうが大きくなりました。更にお気に入りを「詰め替える」のも小さな楽しみです。

食品、特にスパイス類を使い切ったら、中身だけを買ってボトルは再利用。

最近は自分の中での定番品が決まり始めており、「嫌々使う」とか「なかなか無くならないと悩む」ことが減りました。仮にそういうものを見つけたときは、別の用途で便利に使い切る方法を探します。

それでもダメなら感謝して手放す。人に譲ることもできないような状態で、死蔵させることはないようにしています。

 

机まわりには消耗品が多いので、新しいものを補充・交換する作業も好き。ペン類もお気に入りのものだけは詰替用を箱買いしています(私の場合は仕事道具の話)。

水性顔料インクの0.38ボールペンが長年の相棒です。

 

更に細い0.28タイプもあって、大学ノートなどの罫線に収める場合はそちらのほうが良いかもしもしれません。

また昨年から使い始めたのがマッキー(油性)の詰替えタイプ。

小さいながらゴミが減り、コスパも上がって満足のペンでした。ちなみに使い心地は従来品と変わりありません。

 

私の周囲には安価なペンの「中身だけ」を入れ替える方はあまりいないのかなと感じています。詰め替える作業にしても、何の感慨もなく無心でやるようなことかもしれません。

それでも私にとっては、安上がりな日々の楽しみ。
道具に対しても改めてよろしく、とワクワクします。

 

本日の猫。

時には見下ろされるのも気持ちいい。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き
シンプル・ミニマルライフの美容と健康