ヘアケア、椿油とアルガンオイル。

こんばんは、ヤマネコです。

長年、椿油を愛用しています。

そして昨年から、アルガンオイルも使い始めました。

 

基本的に椿油はヘアケア&櫛のお手入れ用、アルガンオイルはスキンケア用と使い分けているのですが、いずれは一種類ですむようにしたいなと思っていたんです。

そんな中、少し前に椿油を一瓶使い終えました。新しいものは用意してあったのだけれど、思い立って、髪にはほとんど使っていなかったアルガンオイルをヘアケア用にも試してみることにしたんです。

櫛のことがあるため今すぐ統一化を図るつもりはないのですが、使用感はどうかなと。結果、想像していたよりもだいぶ印象が違いました。

 

数年単位でのブランクもあるのですが、椿油は十年以上前からの愛用品。使用感はしっとり、そしてまとまりがよくなることも感じていて、ロングヘアでいる期間の長い私にとっては毛先がきれいに整う効果に助けられています。

アルガンオイルの使用感は、さっぱり。べたつきがなくさらさらになり、かといってまとまりが悪くなることもないので今までよりも髪質がやわらかくなったような感覚がありました。

同じ「オイル」という分野でもこんなに使用感が違うんだなと。なんとなくそれぞれに特色があることは理解していたつもりでしたが、思っていた以上の違いに驚いています。

 

横着者でスキンケアへもなかなか手をかけられない私の場合、これ一つで十分、といえるものがあれば安心だと思っていました。だからこそ単純に、愛用オイルはどちらも使い勝手がいいから片方にしぼりたい、と思っていたのですが、そうもいかないのかもしれません。

ただ今回試した二種類は、明らかに使用感が違うもののそれぞれに好みの部分がありました。そもそも髪も肌も常に同じ状態というわけではなく、季節によっても気になる部分が異なるため、それぞれ使い分けるのが理想かもしれないなと。

  • 椿油:乾燥が気になる季節や、髪をまとめたいときに使う。
  • アルガンオイル:湿気が気になる季節や、髪をさらさらにしたいときに使う。

実は、ふだんはかんざしで髪を結い上げることが多いのですが(時短&無心でもぱぱっと仕上がるから)、アルガンオイルを使ったときは髪がさらさらすぎて何度か落ちてきてしまいました。髪の長さや状態によって、あるいはいつもよりちょっと気をつけつつ結えばうまく留めることもできたのですが、昔から「髪には椿油」という選択がされてきた理由を体感できた気がします。

 

本日の猫は、以前の兄猫のお蔵出し。

瞳で何かをうったえてくるお兄ちゃん猫。

何をお望みなのかというと……

あごや耳のまわりをこちょこちょしてほしいのでした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き