飴の日、京都の飴屋さんの飴。

こんばんは、ヤマネコです。

本日9月6日は飴の日だそう。

「日本書紀」の神武天皇記の一説に9月6日に飴を作ったと推察される記述があることから「飴の日」を制定したもの
引用元:日本記念日協会公式サイトより

語呂合わせの日付けではないのでうっかりしてしまいそうだけれど、今年は所用あってお取り寄せした飴について書かせてください。

 

今回必要としていたのはお使い物として。少し華やかな雰囲気のもの、それでいて「配る」という用途だったのであまり高価でないもの、という条件でさがし、見つけたのが飴屋さんの飴。

素朴な見た目ながらまるで宝石のよう。目も口も潤う、こういうお菓子が昔から大好きでした。

最終的には自分の食べたいもの(お取り寄せならついでに自宅の分も)というのが決め手になって、こちらのお店でいくつかお願いしたんです。

 

届いてすぐ、自宅用にと思っていた小粒の飴は空き瓶に移し替えました。

購入時、個包装の有無を選ぶことができ、「個包装なし」にすると少し多めに入っているんです。

贈り物なら個包装されたもののほうが親切かなと思うのですが、自宅用なら多めのほうが嬉しい。そのぶん保存方法に少し手を加えようと、空き瓶に移す方法を選びました。

この空き瓶はコストコで買ったアップルジュースのものなのですが、とてもかわいいし、このくらいのサイズのお菓子を「一粒ずつ出す」のに適していてすっかりお気に入り。

でも脱酸素剤のような小袋を詰めたり出したりするときだけはちょっと苦労します。

強引にねじこむような形でしたが、これは入れておいて正解でした。

実は最終的に瓶の中の飴が五粒ほどになった頃、脱酸素剤の小袋が邪魔に思えて先に取り出してしまったんです。ところがそれまで瓶を逆さにすればころころ出てきていた飴が、以降はべたべたに。それからは最初に押しこんだ脱酸素剤は瓶が空になるまで入れっぱなしにしておくようになりました。

なお、取り出すときはお箸と指を使ってなんとか。さほど苦労せずに使いまわすことができています。

 

とはいえ、飴は飴。見た目はとてもすてきだけれど、味にそこまでの感動はないだろうと思いながら口にしました。実際に「口に入れた瞬間の感動」というほどのもののはなかったんです。ところが、なんだかじわじわととりこになっていきました。

とくに紅白カラーのニッキ(肉桂)飴。

ニッキは独特な甘辛さが特徴で、好き嫌いが分かれる味だと思っています。私はそんなところも好きで時々買うのですが、メーカーによってもその塩梅が大きく変わり、申し訳ないけれど一粒目にハズレと感じてしまうことも多々。こちらはどうかなと思いながら試食したら、とても好きなニッキ飴。甘さと辛さが絶妙でリピートしたくなる味でした。

ただ送料がかかるぶんこまめに買うのは難しく、以後はスーパーなどで買えるニッキ飴ジプシーをしているのですが、未だこれと思えるものに出会えていません。またこちらのお店のものを買いたいです。

 

賞味期限はいずれも一年近くあり、おそらく製造から間もないものを送ってくださっているのだと思います。お使い物にする上でもありがたいなと。

また今回はちょっと長い形状の飴も買いました。七色並んだ様子もすごくかわいくてプレゼントにいいなと思いつつ、やはりわが家の分も。

飴は飴、でも意外と長い。このまま口には入れられないので、袋の上からぽきりと割って、二度に分けていただきました。家族間など身近な相手であれば、分けてもいいなと思える形。

ただ、どうやらこういう長い飴は配送中に折れてしまうトラブルがあったようでした。その対策もしっかり。

レビューでも「念入りな注意書きがあった」と書かれている方がいらしたのですが、手元に届いたものを見て納得。ちょっとびっくりしてしまったけれど、ありがたいなと。クッション材などを使った中の梱包がまた丁寧で、おかげさまで小さなひびもなくすべての飴が無事に届きました。

 

こちらの飴はどれもかわいく、味もおいしかった。でも実はここで注文しようと思った一番の理由は、冒頭にのせた写真の左端に写っていた長いものの存在でした。

これは千歳飴なんです。

長い飴は食べるのに苦労した記憶があるけれど、これもまた大好きだったお菓子。私の記憶の中にある千歳飴とはちょっと形状が異なるものの、そのおかげもあってか前出の長い飴と同じく(それよりは少し力が必要でしたが)袋の上からぽきりと折れました。小さく、あるいは均等に割るには少し手間がかかりそうですが、口に入れられるサイズにはできたので思いのほか食べやすかったです。

千歳飴は長寿を願う縁起物。そして私の中では「七五三の飴」という認識。今年は身近に七五三を祝う子がいないのですが、機会があればこれを贈らせてもらいたいなとも思いました。

 

尚、京都のお店に行かれる場合はSNSアカウントをフォローし、その画面を見せることでプレゼントもいただけるそう。

わが家は関東、気軽にお邪魔できる距離ではないのですが、楽天にお店があるおかげで注文しやすく、色々なお試しにつながりました。そうして今回購入した品は小粒の飴を含めてどれもおいしく、家族や、配った先のお宅でも気に入っていただけたようで一安心。私自身もまた注文したいなと思っています。

 

色んな飴があるのですが、お試し感覚の大容量パックもありました。
(私としてはニッキ飴を選べないのがとても残念……!)

 

本日の猫。

連日お布団の上から失礼します。

今日も眠い弟猫。

こうして肉球をもむと……

そのまま再び眠りに落ちていきます。
(でも本当は起こしたかったのでした)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き