意外な形、トイレットペーパーホルダー。

こんばんは、ヤマネコです。

トイレットペーパーホルダーを買いました。

もともと自宅のトイレの壁についているのはトイレメーカーのシンプルなホルダーで、すごくおしゃれなわけではないけれど、使いやすくて気にっています。そのため今回は、「買い足し」でした。

 

見た瞬間に、これだ! と思ったのは、スタンド型のもの。

私の中ではまったくイメージにない形だったのですが、ホルダーにも「自立式」という選択肢があったんですね。

 

スチール製ホルダーは土台つきでずっしりとしていますが、女性でも片手で持てる重さだと思います。床置きになるぶん掃除のたびに移動する手間はありますが、上のほう(垂直方向の軸部分)を持てば手間も最小限。

スタンドタイプだと壁に固定する必要がないため、既成のホルダーの雰囲気を変えたいときにも気軽に取り入れやすそうです。

ペーパーのストックは必要に応じて、本体の軸に通しておくことも可能な仕様でした。

 

実は、トイレットペーパーホルダーをさがし続けて十年くらいが経ちます。でもそれは引越しや新居のためでも、インテリアにこだわりたかったためでもありません。

ただただ、猫用のトイレスペースで使いやすく、と思ってのことでした。

 

私は猫用トイレ本体や、その周辺の掃除にもトイレットペーパーを使います。ほとんど使い切って、終わりかけのものを。

  1. 新品のトイレットペーパーは、人間用トイレで使い始める。
  2. トイレ掃除のときに確認し、終わりが近くなってきたら新品と交換。
  3. 残りわずかなトイレットペーパーは掃除で使い切るか、猫のトイレ用に移動。

毎日のトイレ掃除のタイミングでペーパーの残量を確認し早めに交換しておけば、トイレ個室内にペーパーストックを置く必要がなくなるからでした。

これはもう長年続けている習慣で、わが家では「トイレでペーパーを使い切る機会」がほとんどありません。

 

流れとしては問題ないと感じているのですが、ずっと悩んでいたのが、その「終わりかけのトイレットペーパー」を、どう管理するか。床に置いておくと、猫がおもちゃにしてしまうんです。

かといって片手で取り出せない場所に収納してしまえば使い勝手が悪い。手がひどく汚れることはなくても、トイレ掃除中に、それ以外の場所をあちこちさわりたくない。

それがもう十年以上前からの悩みでした。
(当初は新品のロールを猫用にしていましたが)

それからずっと市販のトイレットペーパーケースをあれこれ試し、自分でも袋や箱など代用品を考えてきたのですが、どれも何かしら問題がありました。

 

最終的に行き着いた案が、リビングの壁にトイレットペーパーホルダーをつけること。

とはいえそれは見た目的に絶大な違和感をともなうことです。猫のトイレ本体を買い替えたり、配置換えをするときにも影響があると思う。壁に固定してしまったペーパーホルダー優先で考えなくてはいけなくなります。

壁に模した有孔ボードやワイヤーネットなどにホルダーを固定してはどうか。それなら撤去や移動もしやすくなるし。

 

と、まとまらない考えと向き合い続けていたのですが、スタンドタイプのホルダーとの出会いがすべて解決してくれました。

  • ロールの着脱が簡単。
  • 移動が簡単。壁固定ではないぶん、配置場所が変わっても安心。
  • 現状、すべての猫用トイレより高さがあって、トイレの奥に配置してもペーパーが引き出しやすい。
  • 現状、猫のいたずらゼロ。

これまで使っていたケースのように開閉の必要性もないし、配置に関することだけでもメリットのほうが大きく、不便はほとんど感じません。

これを使い始めてからというもの、猫のトイレ掃除の快適さがこんなに変わるなんて、と毎日一人で大感激しています。

 

Amazonで二千円ほど。壁づけのホルダー(機能優先でTOTO製)も同価格帯で、予算内でした。

 

本日の猫。

ふと上を見上げたら、地上2mの場所でこの状態でした。

曲がりなりにも猫なので、少しくらい高いところから落ちても美しく着地してくれるはず。

とはいえ、私の寿命はちょこちょこ縮まるので、本当に気をつけていただきたい。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ