毎日必ず使うのに、なかなか掃除しない場所。

こんばんは、ヤマネコです。

なぞなぞみたいなタイトルですが、どこのお宅にもあるものでしょうか?

※途中、掃除中の汚れ(大量の埃)画像が入ります。

 

わが家の場合はここでした。

この部屋、ではなく「扉」です。

本体や取っ手などは時々拭き掃除しています。床は毎日掃除機もかけるし、レールは週に何度か雑巾がけする際、ついでに拭いています。

ただ扉が重いせいもあって、「戸車」部分は滅多に掃除をしていません。それを今日は徹底的に。

ちなみに、戸車とはこの部分の滑車パーツのこと。

一番上のネジを抜くと、扉から外せます。

扉自体を外さなくても、戸車だけを引き出せる方法はあるのですが、重いし硬いしで今回は扉も移動させて掃除しました。

 

※次から汚れ画像が入ります(連投)。

いきます。

最近、滑りが悪いなと思っていたんですが、詰まってる…。春に掃除してから換毛期(毛が生え変わる時期)を越えているので、その影響もあるかもしれませんが、ひどい。

これを爪楊枝で根気よく掘り出して…

絡まっているのは猫の毛が主ですが、埃もたっぷり。何の繊維か分からないカラフルな糸も出てきました。

洗剤も、水さえもいりません。根気よく埃を取り除くだけ。必要があれば雑巾で水拭きして(錆びる可能性があるので水洗いは控えて)、パーツを戻します。

せっかく扉を外したので、この部分も忘れずに。

引き戸と壁の間に出来がちな、「スキマ」を埋めてくれるクッション材のようなものなのですが、かなり埃がくっついていました。

ここは扉を外さないと掃除できない場所。一気に粘着テープ(コロコロ)を走らせたら簡単でした。

あとは戻して、完了です。
笑ってしまうくらい、滑りがよくなりました…。

工程は少なく、コツもいらない単純な作業で、毎日気にすべき場所でもありませんが、とにかく扉が重いので、つい億劫になりがちな場所。でも猫がいるので毛は詰まるし、そうでなくても埃は入る。年に1~2回のメンテナンスを続けていきます。

 

本日の猫。

昨日のバスマットといい、扉といい、「敷かれたものに乗ってみる」は猫として仕方のない本能(?)だと思っています。

まったく遠慮なし。

とはいえまた少し、大掃除が進みました。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ