デッドスペースを、一瞬で毎日使える作業台へ。

こんばんは、ヤマネコです。

以前からどうにかしたいと思っていたデッドスペースの改良に、ようやく決着がつきました。

デッドスペースだと感じていたのは、洗面台。

洗顔や歯を磨くのに毎日使う設備ですが、それ以外の用途では出番が減りつつありました。すぐそばにキッチンなど、他の水まわりがある(わざわざここを使う理由がない)ためです。

またシンク(ボウル)が大きいのはありがたいのですが、その分両サイドのカウンターにあまり広さがないのを不便と感じることも。

 

このシンク部分がフラットになれば…と常々思っていたのですが、それがとうとう実現です。

シンクに蓋をしました。

 

以前からここに板を置こうかなと考えてはいたのですが、なんとなく新しい材料を買うのはもったいなくて、今後減らすかもしれない家具の廃材に期待していました。過去には新しい木材を買ってのDIYもしているけれど、基本は節約を兼ねたリメイクが好きなんです。

今回使った板も、もともと家にあったもの。

夏に猫たちが使う、アルミプレート(この上に寝転がるとひんやりして気持ちいい、というクーラーアイテムの一種)の一枚です。

処分品ではなく、オフシーズンで収納しておいたもの。先日突然ひらめいて、フチに引っかけるように渡してみたらサイズがぴったり。

両サイドに少し隙間ができますが、四隅にある滑り止めゴムがいい塩梅にズレ防止になっています。しかもその穴は…

プレートを持ち上げやすくしてくれて、本当にあつらえられたかのよう…と思いながら、必要に応じて使うようになりました。

 

普段は、洗面台脇にスキマ収納。使いたくなったらサッと敷くだけです。

ここを作業台にして何をしたいかと言うと…

  • 洗濯物を畳む(濡れたまま・乾いてから)
  • アイロンをかける
  • 簡単な針仕事(ゴムや紐通し・ボタンをつけなおす)

など、猫がいるリビングではしにくい家事を中心に。こういった作業にはキッチンのワークトップを使うことが多かったのですが、私の家事動線では洗面台(脱衣所)で行うほうが効率がよいのです。

 

だいぶ長いこと悩みましたが、わが家にもともとあった材料なので、改良費用はゼロ円。作業時間は計るまでもなく。

自己満足ですが、脱衣所がさながら家事室のような空間になりました。

 

やりたいことは、サッとやってしまう。
悩まずに材料を買ってきて、片づけてしまう。

そのほうがモヤモヤする時間が短く済みますが、こうしてある日とつぜん解決することがあるのもたしか。捨てることが苦手な分、増やすことも慎重に…と思うと、無為な買い物をせずに済んだという満足感も得られました。

待てば海路の日和あり、ってこういうこと(?)かもしれません。

 

(でもこの板、夏には猫たちに返さねばならないのですが…)

 

本日の猫。

たまにはバッグの中で休憩でも。

動物病院?行かせません。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き