「女子力が高い」の反対の言葉は?

こんばんは、ヤマネコです。

先日、とあるご夫婦の会話を聞いていて、ちょっと引っかかってしまいました。

ちょっと焦げてしまったワッサン。

その日、男女を含む友人たちとともに食事をしていました。そこである女性の「手」がとてもきれいだという話になりました。

肌がきれい。
指先までつやつや。
シンプルながらネイルがかわいい。

最初は女性だけでワイワイ話していたのですが、男性も「たしかに」「女子力高い」と話に加わってきました。

 

指先までケアが行き届いている手というのは、こんなにも美しいのかと。男性目線でもそう感じるんですね。私もそう考えながら自分の手を見て、ああ彼女と比べるとガサガサだなあと自嘲する想いに。

そんな中、耳に入って来た会話がありました。

ある男性が「同じ女の手とは思えない。お前の手はきたない」と自分の奥さんに対して言い放ったのです。

 

言われたのが私だったら…と、想像するだけで気が遠くなりそうな言葉(その衝撃のせいで、奥さんが何と返したかをよく覚えていません)。だから毎回ハラハラしてしまうのですが、そのお二人の間ではとくに喧嘩腰というわけではなく、いつもそんな感じの会話をしている様子。周囲からは「ひどい!」と声が上がりましたが、みんな笑って流していました。

私もそれを承知していたのですが、それからしばらく引っかかっています。

(ちなみに「女子力」とは何か?について議論する気持ちはありません。私の中で、おそらくその場にいた友人間でも「女子力が高い」はシンプルに褒め言葉です)

 

そのことをぐるぐると考えていたのですが、私の中で「女子力が高いの反対語」について、答えが出ました。

  • 手のケアが行き届いている女性は、女子力が高い。
  • 手がガサガサの女は、女子力が低い。

正直そう(主に自分を蔑むように)思っていたことがあるんですが、違うんです。

  • 手のケアが行き届いている女性は、女子力が高い。

この言葉の対は、

  • 手がガサガサの女性は、家事や仕事をがんばる働き者。

だと思う。

こんな考え方をする私は、自分に甘すぎるでしょうか?

 

日本語としてどうかとか手荒れが何かのバロメーターだとか、そんな話ではありません。逆に「手がきれいな人は家事をがんばっていないのか」とか、そんなわけもありません。

ただ、見方次第で考え方や発言は変えられる、という話。

だからいっそケアせずに開きなおろう!ということでもなくて、「ケア不足」と自分や誰かを貶めるより「働き者なのだ」と称賛してもいいのかなと。どちらにしても前向きにとらえられたら、日々のモヤモヤが減らせる気がしたのです。

 

ここまで考えて、そのときのご夫婦の、私がつい眉をひそめてしまったような会話についても、「ひどいやりとり」ではなく「仲がよいから成り立つ会話」と見ることもできるのだと気がつきました。

こういう場面で、どんなことでもよい方向に考える。なかなかすんなりとはいかないのだけれど、これができれば、見える世界はがらりと変わる気がしています。

 

本日の猫。

どことなく不自然なポージングで寝ている子が…。

と思ったら、起きていらっしゃいました。

しかし眠いのは眠い。

スヤァ…。

ここからは、さわり放題タイムです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。