サーモス保温ボトル、パッキンの寿命は?

NO IMAGE

こんばんは、ヤマネコです。

愛用している保温ボトルは「サーモス」の製品なのですが、少し前にそれらの部品であるパッキンをすべて交換しました。

私が持ち歩けるマイボトルを愛用し始めたのは十年近く前のことで、現在持っているものもそれなりに年季が。新しいものでも、五年は使っているはず。

その間、一度もパッキン交換をしていません。

以前から別売り部品があることは知っていたし、そのうちにと思っていたのです。ただ数年前と比べて私自身は外出機会が減り、保温ボトルはあったかい(夏なら涼しい)室内で使うことがほとんどになっていたため、つい先延ばしに。

でも今冬こそはと、満を持してパッキン交換に挑戦しました。

 

パッキンのお値段は一ヶ所(リング型一つ)につき100円程度。

私のサーモスは「マグカップ型」と「マイボトル(250ml)型」の二つで、更に家族がサイズ違いのマイボトルを使っています。

ボトル型のほうは、いずれのサイズもパッキンが二ヶ所に必要(各セットおよそ200円)。

右(右上)の二つが新しいもの。新旧を比べると若干ゴムの弾力が違うような、そして古いほうはやや色あせていました。

そんなぼんやりしたイメージのまま交換したのが、二週間ほど前。なんと保温力が上がり(戻り)ました。

もともと私のマイボトルは250mlという容量の少なさなので、他の大容量タイプ(ポットなど)と比べて保温力が低めです。更に年月とともに保温機能は低下の一方だと感じていたのですが、パッキン交換後はだいぶ中身の温度をキープしてくれるようになりました。

 

それからもう一つ。

マグカップ型のほうは、明らかに色が違いました。

ゴムの感触も劣化具合が歴然。古いほうはかなりやわらかくなっていたようなので、新品の弾力がすごいことにはびっくり。やや硬いとも思うくらいの反発力でしたが、こちらも難なく本体(蓋)に取りつけることができました。

蓋と本体も、強く密着。

ただ、マグカップ型は密閉されるタイプのボトルではないため(横に倒せば蓋の隙間からこぼれてしまう)、さほど保温力への影響はなかったようです。これに関しては仕方がないかなと思うけれど、ゴムの劣化は見てとれたので、交換してよかったと思います。

 

このパッキン類、使い方によって寿命は変わるようなのですが、公式サイトによると…

パッキンは1年を目安に確認いただき、消耗している場合は交換してください。

「一年を目安に確認を」とのことでした。

 

一年!

あくまで「確認を推奨する時期」として書かれていて、漏れや変形といった明らかな劣化がなければしばらくは使えると思うのですが、わが家では十年近く一度も見直し機会すらなかったのです。

今年は卓上ポットも手放していて、あれも一つはサーモスのもの。けれどパッキン交換などのメンテナンスは、やはり一度もしていませんでした。ポットを手放したのは本体側の劣化が理由でパッキンとは直接関係ないのですが、長く使っていた分だけ劣化はしていたはず…と思うと、私のケアが足りなかったなと、あのポットには申し訳なくなりました。

 

食品や防災グッズなどは気をつけていたつもりでも、化粧品バスマット寝具類、家電製品…毎日のように使っているのに、明確には寿命を知らないもの(とっくに寿命を超えているもの)が、まだまだ暮らしの中に潜んでいるんだなと勉強になりました。

ボトルのほうは年末年始も持ち歩きながらお世話になる予定なので、その前に交換できてよかったと思います。

 

なお、ネット情報を見ると「パッキンを交換しても保温力が戻らなかった」というレビューもあって、パッと見ではわからない劣化を感じることもあるのかもしれません。

ただこれも今回公式サイトで確認したところ…

部品を交換しても改善されない場合は、サーモスお客様相談室へご相談ください。

とのことだったので、長く使えることを前提とした製品を扱うメーカーなのだと確信できました。

 

私が購入したパッキン

 

ものの見直しを少しずつ、こちらのテーマでも。

 

下の写真を見て、猫の数を即答してください。

いるよ。

なにしてんの?

猫たちにと買ったものを満喫してくれるのはうれしいです。

ただ、私はうっかり踏みそうになって(クッションがふくらんでいるだけだと思って)びっくりしました…。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ