こたつはテントになりました。

こんばんは、ヤマネコです。

リビングに「テント」のようなものを設置して、二週間ほどが経ちました。

毎年少しずつ様変わりしていく、わが家のこたつ。

石油ストーブを暮らしに取り入れてからというもの、人間用の暖房器具にこたつは必須ではないように感じることもあるのですが、猫たちの「冬場の居場所」には、こたつ、或いはそれに代わる何かを設置しないわけにはいかないのです。

今年はどうするかと悩みながら、「ベビーベッドみたいな」とおかしな方向へと妄想と迷走を始めたのが先月のことでした。

 

とはいえ、ベビーベッドを買うわけでも、大がかりなDIYをしてつくるわけでもありません。そんな「テーマ」で猫たちの居場所を用意したい、というのが私の希望。

そんなわけで、まずはベースに愛用の椅子二客を使い始めました。

そこに手持ちのクッションやタオル、どうやら故障確定の電気毛布(コードを外したもの)などを敷きつめて猫が寝そべるのによさそうなスペースをつくりました。

新しく何かを買いそろえるときは色合いなども考えますが、今のところは家にあるものの寄せ集めです。

 

これが先月末、試行錯誤した末の完成図だったのですが、当初からここに「屋根」をつけたいと思っていました。

何か使えるものがないかと部屋を見回して、白羽の矢が立ったのがこちら。

物干しざおを兼ねた、ハンモックのスタンドです。

もともと付属のアルミポールがあるので、それを使うことにしました。

最初はシンプルに、毛布をバサッと。寸足らずですが猫の出入りを考えるとちょうどいいかなと言い聞かせるように。

床からぴょんと飛び乗ってくれる子もいるのですが、念のため一角にステップを設置。

なかなか気に入ってもらえた様子でした。

 

ちなみに前出の写真にもちらりと写っていたのですが…

「電気毛布」は通電しなくなってしまったけれど、もう一つ愛用している「ホットミニマット(オレンジ)」をしのばせました。椅子サイズの電気カーペットのようなもの。

こたつは「上」に熱源がありますが、今年は「下」に敷く形で試行錯誤していました。

ただこのマットがポカポカになっていても、上掛けが毛布一枚だけではまだ寒そうに感じました。毛布の内側と外側で、温度差をあまり感じることができなかったんです。

 

そこでまた色々考えて…

まずは毛布をかける前に、薄手の布を一枚。これは昨年購入した「手通しケープ」です。

快適に使い始めたもののシーズン終わりには猫の爪傷だらけになってしまい、今年は出番がありませんでした。ただ猫用の布として使えるかなと保管しておいたものが、満を持して。

穴やボタンがうまい具合に活躍して、私のイメージどおりにかかっています。

その上から、少しずらして毛布を重ねました。

この時点で…

我慢できなくなった子が現れました。
(よく我慢したほうだと思います)

スキマさえあればどこからでも頭をつっこむので、作業が終わらないうちから毛布が何度もずれまして…仕方がなくステップを戻すことに。

でもこれなら「使ってくれない心配」は必要ない、と確信。

 

このあとも色々試してみたのですが、最終的に、もう一枚別の毛布をかけることで落ち着きました。綿素材のダブルサイズのものです。

途中(実際には数日間の試行錯誤中)で椅子の下のラグを移動させたので、ますますハンガーラックにかけた埃よけカバーのような風体になりましたが、私のイメージでは「テント風」。

現状も、入り口付近は開けて様子を見ています。

 

昨シーズンまで、わが家のこたつは万年床になりがちでした。猫がなかなか出てくれず、使われているものをお手入れするタイミングが難しかったのです。

相変わらず布類を干すのはお天気と相談ではあるものの、今季は椅子の下に毎日掃除機をかけられるので、私は爽快。少しでも衛生的に使いたい、というのがラグを移動させた理由でした。

 

以上が、今年のこたつ構想から生まれたものです。

 

今後の課題としては…

  • 中の敷物を、もう少し寝心地のよいものに変えたい。
  • 寝そべる猫たちが必ず折り重なってしまうので、もう少しスペースの拡大、或いは二ヶ所目の「数名用ベッド」を設置したい。

見た目に関しては「家にあるもので」という制限の中でオシャレにするのは難しいと思っているので、現状で及第点とすることに。

もうちょっと何とかできたらいいですね…と他人事のように思っています。

とはいえ、これから迎える冬本番にも変化はあるかもしれないので、その過程を、あまりものを増やさずに楽しんでいきたいです。

 

本日の猫写真はお休みします。

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。