福袋の収納と、便利なタックラベル。

NO IMAGE

こんばんは、ヤマネコです。

クリスマスの少し前に届いた、ルピシアの福袋。2セット購入した中に入っていた計25袋分を、すべて収納しました。

私が毎年注文しているのは、ルピシアの福袋だけ。

中身は紅茶のアルミパックが、たっぷり。

同じ福袋を何年も購入し続けているので、スペースの確保が必要なことは把握済み。経験から今年は20~30袋分を収める場所が必要だと予想し、早めに空けておきました。

前後して、大掃除ついでの引出し内全出し。

そのあと紅茶をまとめて収納します。仕切りが足りない場所は、100円ショップで買った小さなブックエンド(二つで100円)を使いながら収めました。

 

この茶葉の袋は一年を通じて少しずつ減っていくもの。

少しずつスペースも空いていくので、空いた場所には別のものを仮収納することも。それらは年末に向けて使い切るか、別の定位置を見つけておくように心がけていました。

袋が減ると同時に多くの仕切りは必要なくなるので、多用途に使えるブックエンドはすっかりお気に入りです。

 

ついでに竹の福袋のおまけだった「15種のティーバッグ」も、無印良品のメイクボックスへ。このまま同じ引出しへ収めました。

これも毎年この方法で、紙箱は年内の処分に間に合わせるようにしています。

 

これらの茶葉を収納する前にかけたひと手間が、それぞれの袋に「ミルクティマーク」をつけること。これは単純に私がミルクティを好きだから、ミルクにあう紅茶を意識しておきたいと思って始めたマーキングです。

前回は細切れにしたマスキングテープを使い、今年もそのつもりだったのですが、ふと思いついて代用したのが「タックラベル」でした。

シルバーのタックラベルは、昨年ツリーを描いたときに飾りとして使ったものと同じ。

1パック購入したら千枚も入っていたタックラベル。ほしい色(シルバー)を探した結果、お手頃で買いやすいものが当時はこの商品しかなかったんです。ちょこちょこ活用しているものの一年ではとても使い切れず、ここでも活躍してもらうことに。

シルバーのアルミパックに、シルバーのラベル。でも私だけがわかればいいマーキングなので、悪目立ちしないのがかえって好都合でした。

マスキングテープを細かく切るのはちょっと手間がかかっていたし、代用できてよかったと思います。

 

そんなわけで、福袋の収納も予定どおりに完了。

とはいえここまでの年末スケジュールはだいぶ計画倒れ。それでも後悔はしない宣言どおり、気持ちが少し穏やかです。

御節づくりも無理かもしれない、そんな風にも書きましたが…

ちょっとだけでも、と手をつけ始めました。

やりたいことと、食べたいものだけ。

 

ここ数日だけでも胸をしめつけられる出来事が続いていて、どうしたものかと思っていたけれど、家族や周囲の人たちのおかげで気合が入るし、読んでくださる方がいるおかげで、ブログも続けていられます。

月並みな言葉ばかりで申し訳ないばかりなのですが、
本当に、ありがとうございます。

 

定期的な見直しを続けるテーマ。

 

本日の猫と、秋に届いた無印良品のダンボール。

しばらく仮収納に使っていたのですが、年内に処分しようと中身を空にしたら、即座に別のもの(いきもの)で埋まりました。

外側から、カサカサっと、「出てほしいなー」の合図。

出ないっ!

「外のほうが楽しいよー」の合図。

出ないっ!

「こっちにおいでよー」の…

出ないっ!

ちなみにこういうとき、意外にも爪を立てない彼。
そんな配慮が「うちの子エライ」の親ばかモードに火をつけます。

「パンチ」というより、「タッチ」。
うちの子、どんだけかわいいのかと(モード発動中)。

そんな遊びに癒されました。
(でも情け容赦なく、箱は処分しました)

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、応援ポイントが入ります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ