捨ててはいけない、マイルール。

こんばんは、ヤマネコです。

今年は本格的に、書籍や書類の整理を進めています。

仕事柄もあり「本の所持数ゼロ」を目指すことはできないけれど、今回の見直しだけで本棚の中身を一つ分減らすつもりでいます。

自分なりに定めた期限は、今年度末。本格的に始めたのは昨年の年の瀬で、残すところ二ヶ月足らずになりました。これまで減った数は、ダンボール八箱。もう少しペースを上げたいところだけれど、順調です。

 

私は月の半分が仕事で忙しくなるため、毎日一定の作業時間はとれません。むしろ作業できない日のほうが多かったのですが、実は結果的にそれも功を奏しているように思えました。

同じことを年末にも感じていたのですが、

「〇日以降は捨てられない期間に入る」

と思うと、その直前は減らす行為に弾みがつくんです。

 

一部のマンションのように「常に開放されたゴミ収集所」というのがない、田舎の一戸建て暮らし。週に数回、決まった回収日があるので、ふだんはその日の朝にゴミを出さなければなりません。

ところが盆暮れ正月はその収集日が不規則になり、場合によっては一週間以上「捨てられない期間」が生まれます。ここ数年は事前にその期間を把握する習慣がついたのですが、その習慣がついてしまったせいで、直前に焦るんです。

年内に、やり残したこと、捨て残したものがあるんじゃないかと、焦る。

逆にメリットだと思うのは、その期限直前に勢いがつくこと。一応「捨てないもの」に分類したけれどちょっと迷いもある、そういうものが捨てやすくなります。

 

昨年末の私の場合は、これでした。

サーキットタイプの猫用おもちゃ。これ、今でも本当に重宝しています。あいかわらず夜中や早朝に奇怪な音を響かせている。だから本体を捨てたいわけではないのだけれど、セットになっているカバー(クリアグリーンの屋根)は不要だったんです。

ただ行動の読めない子猫との暮らし。そのうち、もしかしたら今日から必要になるかもしれないし、そうなったときにカバーだけを買い足すことはできないし、迷いながらも残してありました。

でも、年末に思い切って処分することに。

今すぐは必要ない(本体に装着したままだと掃除が面倒)。
正直、邪魔だと感じている。
不要だと感じているものと年越ししたくない。

何より、年内ラストのゴミの日が、明日。

「もう(しばらくは)捨てられない」と思ったら、とたんに踏ん切りがつきました。

 

私の場合、書籍の整理中にもこの思考が役立っています。

月の半分は「本を減らす」という作業ができないので、その直前までに、いかに進めておけるか。逆算して効率的に動いてもいいし、時間と体力のぎりぎりまで必死にがんばってもいい。

〆切そのものよりも、〆切以降に「動けない期間がある」というのが効きます。

 

たくさんのものを手放したいと思ったとき、手放すためのルールはたくさんつくってきたけれど(一日一つ減らす、一つ買ったら二つ減らすなど)、あえて「捨ててはいけない期間」をつくったことはありませんでした。

もっといえば、一つのものに対して、

今日捨てなければ、一生捨てられない。
それを一生管理していく意気込みを持てるか? 

「いつか捨てられる」の選択肢を排除して考えたことはなかったなと。

 

それで割り切れるものばかりではないけれど、時にはこの考え方も有効かもしれません。

現在、私が整理している本の中にはある種「思い出の本」などもあって、それにはこの問いかけを交えながら見直しを進めています。

 

サーキットと子猫(撮影は昨年末)。

当初はこう……

ふつうにボールにとびかかって遊んでいたのですが、その後ちょっとした変化が現れました。

低い位置からばかり、狙っている。

低い位置からばかり。

これって、あれでしょうか?

ベッドの下(低い)で遊ばせるようになった、弊害でしょうか……?

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



広告