春の準備、冬の終わりに捨てるものを考える。

こんばんは、ヤマネコです。

持ち物の見直しを兼ねて、春に向けた準備を始めました。

冬は重ね着が増えたり、布ものアイテムが追加されたり、何かと「溜まりやすい」季節だと思っています。とくにわが家では、猫がいる関係もあって「ワンシーズンで手放す冬小物」が多いため、早めに整理するものを決めておくことにしました。

  • 処分するもの
  • 再利用するもの(ウエスやリメイク素材など)
  • 売却・譲渡するものaligncenter
  • 残すもの

現在は一つ一つ見直しながら分類しています。

 

処分するものは劣化の様子を確認すれば決めやすいのですが、売る・譲るの可能性があるならお手入れも前倒し気味にして、ちょっとでもよい状態を保っておきたいなと。

また原形のまま使い続けることが難しくても、ウエスやリメイク素材に使えそうなものは早めに計画をスタート。今季は処分するロンTがなさそうなのですが、家族用の衣類から見つかれば、また猫用ベッドをつくりたい…と私の場合はそういうざっくりしたイメージづくりも、この季節にしたいことの一つです。

 

場合によっては新しいものとの交換が必要になるため、処分と買い物を同時進行することも。私は「私服の制服化」を取り入れているので、そろそろ春服・春小物も決めておきたい頃合いです。

そして残すもの(来冬まで出番のないもの)の大きさによっては、収納場所の確保も必要。

おそらく掃除用に使って捨てることになる、おやすみ靴下。

ただ「何を捨てるか」だけでなく…

  • いつ、どんな風に?(可能なら再利用・譲渡を優先したい)
  • 入れ換えの検討は?(必要なものは?予算は?)
  • 残すものはどう管理するか?(収納ケースや場所はあるのか?)

などをセットで考えておくため、早めに取り掛かりました。

 

そんな中、毎年処分しているラグ(猫が爪をといでしまうので)を、今季は、できれば来冬も使えたらいいなと思っています。「これまでよりは」よい状態を保てているのと、使用感がすごくよかったため。

それでもちょっと爪をとがれたり猫の毛が入り込んだりしている気がかりははあるので、その部分をメンテナンスしつつ、残すなら収納場所も決めて…と徐々にやることを考えながら、気持ちよく春を迎えるための準備を進めていきます。

 

本日の猫。

先週末から今日まで、石油ストーブなしで快適に過ごせました。もう春かも…と思ってしまうくらい。

でもまた寒くなりそうな関東。今日はこたつのお手入れと、灯油の残量などをチェックしました。

皆様もあったかくしてお過ごしください。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ