サンキャッチャーで、何もない部屋がきらめく。

こんばんは、ヤマネコです。

本当は年中飾ってあるのですが、クリスマスシーズンからお正月はとくに活躍する「サンキャッチャー」を磨きました。

サンキャッチャー

サンキャッチャーは多面カットされたガラス玉で、名前のとおり太陽の光を集めて乱反射させるという光のインテリアです。友人が持っているのを見て、なんて素敵なんだ!と感動し、ようやく購入したのが三年半ほど前のことでした。

ごくシンプルなお安いものですが、ものすごく気に入っています。

初日の出をつかまえて

本当にほしいと思って手に入れたものでしたが、実はぐっと心をわしづかみにされたのは手に入れてからしばらく経った、三年前のお正月のこと。元日の朝、トイレに寄ったときのことでした。

恥ずかしながら、トイレの扉を開く瞬間にちょうど朝日が上がってきたようで、その光は窓から差し込んで室内の奥にまで届き、サンキャッチャーが受けて、小さなトイレの個室内の壁一面に光の粒が舞いました。さながら早朝のプラネタリウム。

あまりにキレイなそれが元旦の出来事だったので、ご利益もありそうだし、感動もひとしお。それに続いて昨年、更には今年のお正月もサンキャッチャーが受ける初日の出を見ながら一年をスタートさせました。

太陽の恩恵が受けられる日はいつでも、更にはキラキラ感がクリスマスにもぴったりだったのですが、前述のエピソードから私にとってはお正月にも活躍する飾りの一つ。毎日眺めているけれど、とくに初日の出のためにとお手入れしました。

時には落ち着いた蛍光灯の光に癒されることもあるけれど、太陽光はまた格別です。ヨガとシンプルライフのみうさんも、サンキャッチャーを楽しむ暮らしを送られているそう。

私はまだ全然詳しくありませんが、ヨガは自然の力をうまく取り入れて日々を豊かにするイメージがあります。サンキャッチャーはそれをちょっと手助けしてくれるのかもしれません。

おわりに

私が持ち物整理を始めたきっかけとなった引越しの折、真っ先に手放していったのは「飾る用途しかないもの」でしたが、サンキャッチャーはまさにそこに該当します。ましてやものを減らしたい方が買うものではないかもしれません。

でもこれ、大型家具が少なく床や壁の面が広い部屋にこそ、一つ飾って眺めてみてほしいと思ってしまう存在。

自然の光を部屋いっぱいに広げてくれるサンキャッチャー。今は「通年飾っておくだけのもの」にあまり心惹かれない私ですが、これだけは持たない暮らしの中でもオススメしたくなるアイテムです。

おまけに

お正月準備をちょっとずつ始めておりまして、御節用の黒豆を煮ました(冷凍しておきます)。

イブに焼いたシフォンと、皮の破けた黒豆が今日のおやつ。

年末に近づくほど、一日一日の重みが増す気がするのは私だけでしょうか。残りわずかな2015年、やり残しのないよう進みたいです。

 

猫たちにもクリスマスプレゼントを、と思って、こちらを買いました。

猫用のおやつや、キャットフードサンプルなどの詰め合わせです。

まだ食べさせていないのですが……

「ナニコレ?」

「ナニコレ?ナニコレ?」

私が語るまでもなく、この通りの反応でした。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き