スキマ時間を使い切るための、5分間リスト。

こんばんは、ヤマネコです。

古い紙ナプ(ちょっと埃っぽい)をたくさんもらったので、一部をカットしてウエスを補充しました。5分程度の作業でした。

毎日の「待ち時間」がもったいない

日々、何かと「○分待ち」という状況に置かれます。

  • 煮込み料理やオーブンで加熱している間
  • ケトルでお湯を沸かしている間
  • 洗濯機を使っている間
  • 猫が食事をしている間(傍についています)
  • 日の出待ち

そうして生まれる、スキマの数分。少し休めば、と言われるのですが…根が貧乏性だからでしょうか、私は5分間休憩するよりもさっさと全部終わらせてからのんびりしたい。くり上げてできることはないか…とアレコレ探してしまいます。

以前はその「探す作業」で5分を使い切っていました。

「5分間リスト」を持つ

やることを探す5分間ではもったいない。そう気づいてからは、事前に「できること」を考えておくようになりました。

  • 軽い拭き掃除(冷蔵庫の扉・洗面台のシンクなど)
  • ストック品の確認・補充(洗剤・食品・猫用品など)
  • 時間いっぱいスクワット

などが、「今5分ヒマ!」な時にすること。

補充が必要なセスキの空袋。見える所に出しておきます。

「お湯を沸かしながら茶葉を用意する」など、流れ的に当たり前のことではなくて、それ以外の行動を用意しています。

リスト作りのマイルール

  • 1秒~5分以内に終わること=どのタイミングでもやめられること。
  • 家事以外のことも含む(筋トレなど)。
  • ルーチンワークを含める場合は優先させる。

10分間のスキマ時間だったら、リスト項目を複数積み重ねてもいいし、30分待ちなら休んでもいいかなと思っての5分間の区切り。

とくに書き出すことはなく、思い立った時にサッとできるように「いくつか覚えておく」のが私のリスト。今日必ずやることリストとは別物だからです。

おわりに

ルーチンワークはルーチンワーク。毎日コツコツが基本です。

でも本来の私はガーッと完遂して、ダラーッと長期(長時間)休みをとりたい性分。本業も同じで、毎日小さな仕事はありますが、基本は月末に忙しく(一日15時間ワークでも平気)月頭はダラダラ。一度休むと再起動するのにいちいち時間がかかってしまい、それが「冷蔵庫の飲み物を持ってくる」程度の作業でも面倒になり、デスクワーク中は集中力も途切れてしまいます。

そう思うとスキマ時間も無駄にはできず、一度立ち上がったら頭も身体もフル回転させ「立ってすること」を全部終えてしまいたい。それは寒さ対策にもつながりました。

何より再スタートに時間がかかる私には、合った方法だと思います。

 

本日の猫。

外からよそ猫さんの鳴き声が届き、思わずブーメラン耳。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ