柳宗理*ばらばらの選択、愛用カトラリー。

こんばんは、ヤマネコです。

昨日のブログでは「柳宗理」のカトラリーについて書いたのですが、わが家で選んだものをまとめさせてください。

 

過去にもふれたことはあったのですが、柳宗理のカトラリーは本当に種類が豊富。本来「フィッシュ用」「デザート用」など多種多様にわかれているのだけれど、購入前に長々と悩んだ結果、わが家は少しイレギュラーな組み合わせでそろえました。

こちらがわが家の、柳宗理でそろえた愛用カトラリー。

改めて並べると本当にばらばらだなと思うのですが、セットで使うときにも不便を感じたり違和感が残ったりすることはありませんでした。

 

当初は漠然と(購入を決心した場合には)「テーブルフォーク・スプーン・ナイフ」など、同シリーズのままそろえるつもりでいました。ただ実物を持ったり、並んでいる写真でサイズ感を見直したりしながら、少し考え方を変えることにしたんです。

フォークは肉や魚を切るよりもパスタに添える出番のほうが多かったので、それを優先してパスタフォークに決定。持ったときのこと、わが家にあるお皿と並べたときのことも考えて選択です。更にそのサイズを基準として、同シリーズのデザート用をメインナイフに。同じく長さをそろえる形でテーブルスプーンをと続きました。

結果的に仕様ばらばらの組合せになってしまったのですが、わが家の食卓では今のところ困ったことがありません。ぱっと見の雰囲気も似通っているので、並べたときの違和感もないかなと思っています。

 

前後しますがおよそ十年前、一番最初に購入したのはティースプーンでした。そして来客時にはセットで使いたいと思い、ほどなくしてケーキフォークも買いました。これらは当時300円ほどで手に入ったのでお試しにもよかったんです。厚みや持った印象は店頭でも確認できるけれど、実際の使用感や耐久性は実生活で試してみるのが一番かなと。

そうしながら次のカトラリー(食事用)を買い足すまでにはしばらくかかったけれど、十年目となった今もそのときの結論が間違っていなかったと思っています。

少し変則的な(一般的ではない?)買い物となったのがケーキサーバー。これはもともと「新しい家ではケーキを手づくりする」という気持ちが私にあったこと、実際にこれがないと不便を感じていたことが購入の理由でした。

柳宗理のカトラリーはどれもしっかりしていますが、ケーキサーバーは更に頑丈さが増しているかのようで、ちょっとやそっとのことでは劣化しそうにありません。これこそ一生ものになりえるかもしれない、と感じながら今も日々の愛用品です。

 

またわが家の愛用カトラリーには他にも木製品があります。口あたりや見た目の雰囲気などではそちらも負けず劣らず大好きなのだけれど、いざというときに熱湯消毒などのできるステンレス素材は衛生面での信頼度が高く、この一年間(コロナ禍)での出番も増えつつありました。

正直にいえば、こうして写真を撮るときには木製カトラリーを使うことも多かったものの、実際の食事ではステンレススプーンを出すことも。そんな具合に木製品の使用を今は気持ち控えているけれど、かといって手放すつもりはまったくなく、ひとえに不安なく使える日々を心待ちにしています。

「柳宗理でそろえている」というつもりだけれど、詳細はてんでばらばら。今回改めてカトラリーの名前を並べてみて、こんなに違ったんだなと自分でも再確認。ただ同じシリーズの中から好みで選べることはありがたいなとも思いました。名前を見るとちぐはぐでもサイズや用途の理想には適っているかなと。

自分だけが使うものではないので、本来の組合せが一番使いやすい可能性も高いだろうとは思うのですが、個人的には十年目の今も心から満足しています。

 

本日の猫は、昨日の猫のつづき。

昨日は猫が乱入してお手入れしそびれたベッドの話。説得に応じてもらえなかった後、しばらく放っておいたら兄猫が出払ったようだったので、今だ! と思ったら今度は弟猫が収まっていました。

わかってはいたけれど、彼も全然説得には応じてくれない……今日はあったかかったけれど風が強くて、またしても干しそびれたことをご報告します。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き