化粧水の材料で、丈夫なシャボン玉づくり。

こんばんは、ヤマネコです。

肌断食を続けて二年目ですが、必要なときだけ化粧水を手づくりします。

その材料で「楽しめるアイテム」もつくれる、と最近気がつきました。

化粧水の材料は多用途

私がつくっているのは、美肌水。今井龍弥医師が考案された、「尿素・グリセリン・水」のみを混ぜて完成という保湿化粧水です。一本20円前後でつくれるのですが、実際には希釈して使うので、顔用なら一本2円程度。

材料が使い切れない問題

ただ尿素もグリセリンも加えるのは少量なので、たっぷり余ってしまうのが悩みです。少量サイズでも市販されていますが、いずれにしても一回で使い切れるほどではないし、最初はそんなことまで考えが及ばず大きいものを買ってしまいました。

尿素はもともと肥料にも使われるものなので、わが家は庭で消費することが可能。だから余ってしまうのはグリセリンのほう。

グリセリンは市販化粧水の大半に保湿剤として入っているし、ガムなどの食品に使われている場合も。だからといって調味料感覚でドバドバ使えるものでもないので「手づくりコスメ」をやめてしまうと残ってしまいがちな存在です。

グリセリンの用途

私がグリセリンの用途として思いつくのは…

  • 化粧水の材料
  • クエン酸リンスの材料
  • 柔軟剤の材料

これまでは、主にこの三通りでした。

それでも使い切れない

今は肌断食を始め、化粧水の消費量は激減しました(冬のかかとケアなどに使うだけ)。また湯シャンも始めたのでクエン酸リンスの出番も減り(家族が活用中)、洗濯でも柔軟剤は日常的に必要としていません。

やはり、グリセリンが余ってしまう。

まったく使わないわけではないものの、消費量がちょっとずつなので他の用途がないかな…と日々考えていたのですが、ようやく出会えました。

グリセリンを用いると「割れにくいシャボン玉」がつくれるのだそう!

割れにくいシャボン玉づくり

他の材料も家にそろっていたので、早速つくってみました。

割れないシャボン玉の材料

  • 濃い目の液体石けん(今回はマジックソープ)
  • グリセリン
  • 希釈用の水道水

思いつきで始めたので厳密な計量はせず、大体「同量ずつ(1:1:1)」使いましたが、グリセリンは多めでも良いそう。

必要な道具

更にこれらを入れる容器と、ストローが必要です。

レシピ

ストローは先端をカットし、液体を軽く混ぜます。

あとは風が穏やかで晴れた日に、外へ出て吹くだけ。

たしかに、ただ石けん水を吹くだけよりも割れにくくなりました。

夢もシャボン玉もふくらむ

シャボン液は液体石けん(洗剤など)を水で希釈するだけでも良いのですが、グリセリンを加えると泡が維持されやすくなり、「割れにくいシャボン玉」ができあがります。

フラフープとそれが入る大ダライがあれば、子どもをシャボン玉の中に閉じ込める(?)のも夢ではなさそう。

※アイデア元は、「僕らはみんな河合荘」という漫画から(Amazonプライムで、アニメも観られます)。

おわりに

グリセリンは濃度が高すぎるとべたつくし、かえって乾燥するので注意が必要ですが、これも多用途アイテムの一つだなと「余る、悩む」と困った存在にしていたのを、ちょっと反省しています。

もっと別の、画期的な用途も探してみたくなりました。

 

ちなみにシャボン液を入れるのに私が使っている容器(冒頭の写真)は、養命酒に付属していたものです。

 

本日の猫。

今日も暖かくてホッとする一日でした。

ちなみに、ベランダでシャボン玉を(外に流れるように)吹いていると、猫たちはちょっと怖がりまして…でもふわふわ舞い始めると追いかけながら眺めています。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き