非常時のスマホと、SNS。

非常時のスマホと、SNS。

こんばんは、ヤマネコです。

今年のお正月明け、人生で初めてのスマホを契約しました。

 

私の人生において、「スマホ」は不要だと思っていたものの一つ。それを今年になって突発的に持つことにしたのは、愛猫の遠距離通院に際し必要性を感じたためです。その闘病生活も終わりを迎え、私にとってこれを維持する理由はなくなりました。

今回に限っては違約金などは気にせず早期解約も検討したものの(一時期は全部終わらせてしまいたかった)、結局今も使い続けています。

 

個人的にも、時世的にも、つらい出来事の多い年。直近だけでも先日の大型台風につづき今日は北海道で地震が発生したと聞き驚愕しました。

そんな中、SNSの流れを見ているだけでも、スマホは「非常時の備え」として安心感につながるアイテムなのだと実感しています。

ガラケーでもできることはあったけれど、操作性、見やすさなど、使い勝手はスマホのほうが上かなと。遠距離通院中にも似たようなことを感じていましたが、最近は自然災害のニュースを見聞きするたびに同じようなことを思います。

 

スマホって便利。
災害時にも活躍する。

きっととんでもなく今更なことを言っていますが、私一人、前時代的な暮らしからようやく平成に追いついてきた気がします。その平成も、あと半年足らずで終わってしまうこの時期になって。

そして今は、このままスマホを所持し続けたいと思うようになりました。

 

そんな端末を使って、朝からSNSをちょこちょこ覗いていたのですが(文字打ちが苦手なので、スマホからはほぼ覗くだけ)、そこで初めて気づいたこと、思い出したことなどがいくつか。

  • 「一見、とても役立つ情報」として「デマ」が拡散されてしまうことがある。
  • 被災時、自分の居場所や安否の知らせには、SNSやLINEのステータスメッセージが使える。
  • (主に被災地外から)緊急性のない大量の安否確認の通知(SNS上など)で先方を悩ませる場合もある。
  • 北海道胆振東部地震についても、Yahoo!でさっそく募金できるようになっている。

などなど。

 

そんなわけで、わずかながら残っていたTポイントを全額使わせていただきました。今後も少しずつできることをさがします。

あとは、これ以上大きな被害につながりませんようにと祈るばかりです。

 

本日の猫。

関東だっていつ大きな地震がくるかわかりません。

そんな暮らしの中で、日々大切にしていることの一つは、家族みんなで仲良くしておくことです。

もしも、もしも、ケンカ別れのままになったら、さみしいからね。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ