闘う猫とスリッパ、2020年夏。

こんばんは、ヤマネコです。

二年近くスリッパについて悩み続けています。

  1. 床(フローリング)の保護のためにも通年スリッパを履きたい。
  2. ところがスリッパと闘う子猫が現れた。
  3. どんなスリッパを採用しようともくわえて走り去っていく。

おかげさまで年間のスリッパコストがぐっと上がりました。

 

いっそ100円ショップのスリッパを選んで、ボロボロになるたびに買い替えてはどうかとも考えました。ただ破壊された繊維などを誤食してしまう心配があるので、布製や綿入りのものは避けたいかなと。かといって硬すぎれば床を傷めてしまう心配もあり、いつも難しいなと思うのです。

代わりに採用したのが、少しクッション性のある樹脂素材のもの。

結論からいえばこれも猫のターゲットになってしまったものの、布スリッパより重さがあるぶん運ぶのにはちょっと苦労する、らしいのです。くわえての移動もできてしまうのだけれど、脱ぎおく場所に注意すれば私にも使えそうな可能性が残っているように思いました。

 

そして「スリッパと闘う猫」と暮らして三年目の秋を迎える今年、改めてどうしようかなと春先から考え始め、少し前に手に入れたスリッパがこちらです。

商品名としては「トイレスリッパ」でしたが、居室でも使えるかなと。

適度にやわらかいEVA素材(溶接部はありますが一体型)で、水洗いも簡単。

表面はうっすら皮っぽい凹凸のある質感で、同じく靴底にも細かいメッシュのような凹凸が。選んだものが真っ白だったこともあり、つるっとした表面より傷がつきにくそう(目立ちにくそう)だと感じられてよかったなと。

フローリングの上で歩いてみて、際立ってすべる感覚もありません。

スリッパのサイズは24~26cmとなっていて、私(ふだんの靴は23~24cm)にとってちょっと大きめですが、家の中で歩くスピードなら脱げてしまう不安も感じず試着の限りでは快適です。階段移動も楽々でした。

(他の方のレビューで、ふだん26cmの靴サイズの方には小さく感じるとのことでした)

 

秋からこれを私の室内履きとして試してみようかなと。

早めに購入したのは事前に準備を終えておきたかった、といういつもながらの心配性もあったのですが、夏の大掃除でバスブーツ代わりにもできるかな? と目論んだのも理由です。

日常的なお風呂掃除は湯上りに終えてしまうし、それ以外の時間帯は素足にビーチサンダルなどを着用するので「お風呂専用」の履物を用意していないわが家。今回のスリッパはその兼用品としても試してみたいなと、水まわり掃除がしやすくなる夏前に準備しました。

尚、商品としては今回の「トイレ用」とは別に「お風呂用」もあります。ただ後者は浸水しにくいようブーツ型だった(かかとが高くなっている)ため居室用スリッパには向かないかなとトイレ用を選択。見た目も含めてとても気に入っています。

 

さて、どんなにすばらしいスリッパだったとしても、最大の難関を超えてもらわねば日常的にはとても使えません。

彼です。  

これに関していいますと、今のところは無事。ちょっと頭をつっこんでみるくらいと、意外とあっさりした反応でした。

(購入当時は素材のニオイを感じたので数週間は隔離していました)

くわえて走り出しそうなそぶりは全然見せないのですが、彼はいつもこちらが完全に油断したすきをついてくる策士。今後もできるだけ気をつけながら、でもあまり気を張りすぎることもないように、心地よく使っていけたらと願っています。

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き