一本化を断念した、秋冬のヘアケア。

こんばんは、ヤマネコです。

長年、髪や肌のお手入れにオイルを取り入れています。

髪に使っているのは、十年以上のおつきあいとなる椿油。
それに加えて、昨年からアルガンオイルを試すようになりました。

 

私にとって、最終的な目標はケアアイテムの一本化でした。でも自分の肌や体でじっくり試し始めてから気づいたのは、季節や体調にあわせても異なるそれぞれのアイテムの使用感のこと。

夏、気温や湿度が高く、強い日差しにさらされ、肌は熱を持ち汗もたくさんかく季節。
冬、空気の乾燥に悩み、肌を覆い隠すように着こみ、体の芯まで冷えそうな季節。

極端な環境のどちらも補えるものがあれば一番いいなと思います。でもできれば原材料などをシンプルに、それでいてコストも抑えてと考えると、私にとっては使い分けたほうが悩みなく続けやすいことを実感しました。

これまでメインにしていた椿油から、もう少し軽い使用感であるアルガンオイルをひと夏試してみた結果、やはりとても使いやすかったからです。

 

もともと全身ケアができるものを選んでおり、アルガンオイルも肌にも活用していたけれど、一番違いを実感できたのはヘアケアのとき。こしの強いロングヘアなので夏に椿油を使うと少し重かったのですが、アルガンオイルにしたことで解消しました。

ただ私の髪質の場合、乾燥する季節のヘアケアにはアルガンオイルの軽さは心もとないと感じ、そろそろ主役を椿油へと移すことに。そう思いながら先月末から交代させていました。

椿油は夏場もくしのお手入れに出番があったけれど、髪に直接使うのは久しぶり。アルガンオイルよりも一滴の差が大きく出るので、椿油の適量を決めるときは少し慎重に。とはいえ長年の愛用品なのですぐに感覚も取り戻すことができ、無事に使用を再開できました。

こうしてヘアケアについてはバトンタッチさせましたが、もともとアルガンオイルは(猫の安全性と書類仕事の利便性を優先する中で)ハンドケアに使おうと採用したもの。これからの季節も用途を変えてお世話になります。

 

当初は年月をかけて色々と試しながら、最終的に、自分にとって究極のシンプルケアをしたいと思っていました。端的にいえば、スキンケア用品の一本化。ただ、髪質、肌質、体調、そして爪や唇といったちょっとしたパーツだけを見ても年々変化を感じるようになりました。

その変化はこの先も続いていくのだろうなと。わかっていたつもりなのに、ここ数年で体感するようになってようやく飲みこめてきたのだと思います。そのときの年齢、季節、体調や環境、そういうものにあわせたケアがこの先は更に必要になるはず。

昔ほど年齢を重ねることを恐れてはいないけれど、それでも無意識に拒絶している部分があるのかもしれません。私はセルフケアについておろそかになりがちなので、今後はもっと丁寧に向き合えるよう努めます。

 

本日の猫。

起きました。

起こされました。

伸びました。
ここまでがすごく長いです(私が起床した三時間後くらい)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き