買ってよかったもの*2017下半期

こんばんは、ヤマネコです。

新しい年に入って丸一ヶ月経とうとしていますが、半年に一度まとめている「買ってよかったもの」を、今回も書かせてください。

まとめるルール

  • 2017年下半期に「初めて」購入(或いは、ブログで公開)したもの。
  • リピしたいもの、継続使用したいもの。
  • 食品・食材は除く。
  • 順不同。
  • まだお試し中のものは記載なし。

 

アクティブマグ 450ml

保温機能あり・寸胴型・大容量のマグカップを探していて、ようやく出会えました。ステンレスマグは長年愛用していましたが、長時間デスクワークをする私には大容量タイプがとても便利でした。

代わりに、今冬は1~2Lサイズの保温ポットが必須アイテムではなくなっています。

トモエ ブックストッパー

本を開いておく、ただそのためだけの道具。

似たような機能を持つグッズは数あれど、ストレッチ用の実用書などにはこれが一番あっていると感じました。

WMF 圧力鍋専用ガラス蓋

愛用している圧力鍋の専用オプション品。この蓋があるだけで圧力鍋の活躍の幅が広がる上、ル・クルーゼ(わが家にあった18cmココットロンド)など別のお鍋にもシンデレラフィットしてくれたので、想定外の「多用途」な道具になっています。

ソラデーリズム(電動歯ブラシ)

歯科医院とともに、歯ブラシも見直し。

結論から言うと、歯医者さんでの指導によれば手動・電動の歯ブラシは「併用するのがベスト」だったので、単純に一本、数が増えてしまったのですが、みがいたあとのすっきり感が上がったことから、買ってよかったケアアイテムだと確信しています。

日本製 電気ミニマット

似たようなマットはたくさんありますが、数少ない日本製。当初は猫用にと思っていたけれど、今は自分の仕事椅子の上にいて私のお尻の下にあります。私自身も、抱いている猫もあったかそうなので、部分的な暖房器具としてはよい選択でした。

日本製 マイクロファイバー・バスタオル

こちらもあまり見かけない「日本製」のマイクロファイバー。バスタオルですが、ひざ掛けとして使っています(湯上りはフェイスタオル派)。

洗濯にも強く、現状ほつれもありません。静電気も気にならないので、同価格帯のひざ掛けを買うより理想に近いものを選べました。

MARK’S EDiT(2018年用・一日一ページ手帳)

初めての一日一ページに選んだのは、マークスのEDiT。

「ねこ手帳」として猫たちの体調管理ノートとして使っているのですが、今日まできっちり一ヶ月間続きました。イラストも描きたいと思っていたけれど、私はつい文字を書きすぎてしまうようで、面白みのないページのまま毎日が終わります。

選んだカバーについては、持ち運びの際の収納(カード類を入れておける)にも便利な形状で、期待どおり重宝しました。

シヤチハタ ページナンバースタンプ

EDiTとは別に始めた、バレットジャーナル用に取り入れたナンバリングスタンプ。ハンドクラフトに使ったり、手づくり絵本のページ記入に使ったり、自分で思っていたより出番多し。

A5ノートには数字が大きめだと感じたものの、知人(のお子さん)のリクエストでつくった、単語帳ベースの整理券(??)などにはちょうどよく、今はこれが「多用途な文字サイズ」なのだと感じています。

「ここに押して~」と言われるがままに押しました。

おままごと用らしい整理券の用途は、未だに謎に包まれたままです。

桐灰 足の冷えない不思議なスリッパ

同シリーズの靴下がとてもよかったので、スリッパ(ルームブーツ)を購入。デザインは選べないし、ワンシーズンでへたってしまいそうですが、今から来季の購入も予定しています。あったかいのが、正義。

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB

本当は多用途に使えるのだろうけれど、わが家では完全に音楽プレーヤー化しているAmazonのタブレット。それでも買ってよかった!と思いながら愛用中。キッチンで毎日音楽を流しながら家事ができるのは、この一台のおかげです。

2017年下半期に買って失敗したものは…

あります。ひそかに「トンガ」という赤ちゃん用の抱っこ紐(ベビーホルダー)を買っていました。人間の赤ちゃん用ですが、猫を抱けないかと。結局、無理がありました。

抱っこできないわけではないものの、猫に気に入ってもらえなかったようで五分と居つくことがありません。彼らからも何度か挑戦しに来てくれていたのですが、しっくりこなかったようです。買ったのは夏だったのでメッシュ素材の点だけは最高でした。

あくまで「人間用」を「猫に使ってみて」の感想であり、私の用途が原因のマイナス評価。トンガ自体は信頼性のある商品だと思います。

人間(とくに自分)用アイテムはかなりシミュレーションした上で購入するので、大きな失敗をすることは減りましたが、猫用アイテムに関しては、実際に試すまでまったくの未知。よその猫たちに大人気なおもちゃが、うちの子たちだと無反応、ということもあり得るからです。

それでも手探りの挑戦が功を奏すこともあるので、今後も一進一退の「猫だめし」の買い物は続けていくことになりそうです。

 

お買い物レポの中では、一番信頼しているテーマ。

 

本日の猫。

こちらは昔からの愛用品。でも故障などのトラブルを経て、三代目の光線型猫じゃらし

こういう「長年リピできるもの」を私は求めて買い物をしている気がします。

ちゅっ。

はずかしーーーっ!!(ジタバタ)

本日もおつきあい、ありがとうございました。


お帰りの際に応援クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ



Pocket

yamanekotora
子どもの頃に拾った猫を飼い始めたつもりが、いつの間にか猫に仕えるように暮らしています。猫にかしづく、それも幸せ。 ものづくりをライフワークにしています。