旅支度にも便利な、くつの収納管理。

こんばんは、ヤマネコです。

暗い話をしたいわけではないのですが、昨年、身内に不幸が続きました。

そんな折、諸事情から「親戚宅を拠点」として動くことが増え、喪服などを一式、そちらへ置かせていただくことになったのです。

 

もともと預けてあった正喪服(和装)に加え、ワンピース(準喪服)、それからバッグに袱紗などの小物類。私だけではなく、身内数名のぶんをまとめて置かせていただきました。

期間としては、通夜から始まり四十九日、念のためにと新盆まで。およそ二ヶ月間。広いおうちで納戸やハンガーにも空きがあり、置き場所には(先方のご都合も)問題なかったように思います。

 

ただ唯一悩んだのが、みんなの靴について。その数、十足以上。

数が多かったので玄関ではなく、居室の床に敷いたビニールシートの上に並べることになったのですが、洋装用にとみんなが持ち寄ったのは、当然ながら黒いパンプスばかり。和装用のぞうりですら、似たり寄ったり。

どれもシンプルなので瞬時には見分けがつきにくいし、ちょうど雨期に重なった弔事で「靴が濡れる」という問題も。

 

そこで取り入れたのが、100円ショップで購入した「シャワーキャップ」でした。

入浴時など、髪を濡らさないようにかぶる防水キャップです。
(写真は私が最近買いなおしたものです)

こちらはダイソーで、12枚入って100円の使い捨て商品。他の100円ショップでも似たようなものがありました。

これに一足ずつパンプスを収めて、収納、管理、持ち歩き。

素材的に通気性がないため、長期間の収納用としてはカビやニオイなどが心配になります。でも一時的な用途としては、靴の汚れや湿気を気にせず収めやすく、置き場所にも困らず、とても便利でした。

 

素材としては薄手で、ゴムもゆるめ。もしかしたら男性用の靴など、サイズによっては別のものを探す必要があるかもしれません。

ただ私のスニーカー(23.5cm)でも底を覆う用途としては余裕があって、このくらいの開き具合のほうがニオイがこもらなくていいかなと。履き口にビニールがかからないので、靴裏から落ちた砂や小石が靴の中に入りにくいのも理想的。

数枚重ねた状態で靴にかぶせておけば、破けたときの心配も減る上、足場が悪い中を歩いたあとなど、靴を出し入れするたびに一枚ずつ処分する(汚れた部分から使い捨てる)という使い方もできそうです。

 

私にとって、出先で靴をはき替える機会はそう多くないけれど、雨の日の外出(とくにフォーマルスタイルが求められる冠婚葬祭)や、旅支度で予備の靴を持って行くときなどには、今後も活躍してくれるかなと。

ここだけの話、このキャップはヘナで髪を染めるときにもお世話になっている、長年の愛用品なのでした。

 

100円ショップだと12枚入りでしたが、Amazonでは100枚入り700円ほど。たくさん使う方にはよいかもしれません。

 

本日の猫。

さて、シャワーキャップのかしゃかしゃする音に飛びついて、怒られたのが僕です。

すまなかったと思う。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ