使い捨てない、アルミのストロー。

こんばんは、ヤマネコです。

冷たい飲み物がよりおいしい季節になりました。

そんな夏を目前に、使い捨てないストローを買いました。

 

夏でも体を冷やしすぎるのはよくないと思うのだけれど、あったかい飲み物ばかりではエアコンの温度を下げずに夏を乗り切るのが難しい体質なんです。体の内側からもほどほどに体温を下げることが私には必要でした。

そんなわけで夏には冷たい飲食品もよく口にするのですが、個人的に、アイスドリンクに添えたいのがストロー。使い始めた理由は色々あったはずなのに、今となっては好みの問題になっています。ストローを使って飲むのが好きなんです。

 

悩ましかったのは、ストローが使い捨てであるというところ。私はできる範囲でごみを減らしたいと思いながら生活しているので、ストローも洗って何度か使うようにしたり、一度使ったものを工作や掃除に使いまわしたり、と対策をとってきたつもりでした。

でもとうとう手に入れたのが「使い捨てないストロー」です。

素材はアルミ。

最初に見つけたのはチタン素材(日本製)だったのですが、同条件でシンプルなデザイン(色)のものが見つけられず、アルミ素材のものにしました。

 

ぱっと見のサイズ感は、使い捨てストローとほとんど変わらないように思います。

金属なのでほんの少し厚みはあるように思いますが、吸い上げるときの違和感はまったくありませんでした。アルミ素材は熱伝導がよいため、ストロー自体がキンキンに冷えている(場合によっては結露している)のが新感触でしたが、デメリットではないかなと。

金属製品だから少し身構えていたけれど、想像していたよりもずっと軽量です。そのぶん華奢な印象をうけましたが、パッケージにも書かれているとおり、マドラーとしても使いやすい頑丈さでした。

強い負荷を加えれば変形もあり得ますが、そこまで慎重にならなくても大丈夫かなと。

 

使い勝手よりも心配だったのが、洗い方。細いストローの内部まで清潔に保つには、どう扱ったらいいのかなと悩みながら使い始めたのですが、手持ちの注ぎ口洗いブラシが活躍してくれました。

100円ショップなどでも見かけるブラシ、一番細いタイプがストロー洗いにもジャストフィット。

ストローがアルミ素材で、ブラシの柄は(おそらく)ステンレス。金属同士がこすれるのはあまりよくないかなと、出し入れするときに少しだけ注意しながら使っています。

アルミ素材なので洗剤は使わずに(使うなら中性洗剤)手洗い。食洗機も非対応。でもこびりつくような汚れはそんなにないと思うので、流水洗いだけで軽く終えてしまうことも少なくありません。

 

最近ではこんな具合に。

使い勝手が悪かったりお手入れが大変だったりすると出番はどんどん減ってしまうと思うのですが、ゴールデンウィーク前後からこのセットで毎日活用できています。

 

使用頻度がとても低い場合や、不特定多数の人に配って使うような場面なら、使い捨てのほうが衛生面などの利点も多いと思います。でも私一人で毎日使うなら、金属製のストローは理想的でした。

数十本入ったものが100円ショップで買えることを考えるとかなり高価なストローですが、長持ちさせることでその問題は解消するし、私の場合は心の負担も軽くなるので、取り入れてよかったと思います。

 

私はデザイン的にアルミ製を選びましたが、家族で色分けするならチタン製が第一候補でした。

 

本日の猫。

梅雨。何かを忘れている気がしていたのですが……そろそろ末猫が一歳になるのでした!

残念ながら誕生日ははっきりしていないので、誕生月として、しばらく毎日おめでとうと伝えます。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ