写真データの収納、見やすくコンパクトに。

こんばんは、ヤマネコです。

何度か書いたことがありますが、私は古い写真(データ)も捨てずに保管しておくタイプです。先月、そのためのケースを買いました。

写真データは、SDカードのまま保管。

私生活やブログ・仕事用にと、ほとんど毎日写真を撮る習慣がつきました。そのデータのほとんどは削除せず、かといって印刷することもないまま外付けHDDに保管しています。

更に、以前は写真データをSDカードからCD-Rに移していましたが、最近はその「移す作業」もやめ、すべてSDカードのままバックアップ保管しておく(毎回SDカードを買い替える)ことにしました。

SDカード自体は長期保存に向かない媒体とされていたり、コストを下げるためには他にもよい方法がありますが、収納スペースや管理方法などを考えた結果、自分にとって楽なほうを優先しています(実際には外付けHDDとSDカード、一部オンラインストレージでの三重バックアップを取り入れています)。

そうして枚数が増えてきたSDカードのため、まとめて収納できるケースを買うことに。

厚みはあれどCD一枚よりも小さい「8×10cm」というコンパクトなケースの中に、SDカードが12枚収まるようになっていてとても便利です。

在宅ワーカーなのでこれを「持ち歩く」ということはほとんどありませんが、引出しやポケットの中にも収まる小ささと、しっかりしたつくりが決め手。

 

A4ファイルサイズなどの「一覧できるケース」と迷ったのですが、カメラと一緒にポーチに入れられるサイズのものにしました。

ブログのおかげで、ざっくり管理。

部分的にアナログでお恥ずかしいですが…

ケースのほうに「いつ頃のデータ」というのをざっくり書いたマスキングテープを貼って、古いものから並べてあります。

あとはブログや手帳の情報を遡って、必要になったら過去の写真を探すことに。私の場合、過去五年分は日々の記録をブログに残しているので、写真を探すのにあまり苦労しません。

十年分、できれば二十年分を目標に。

私のSDカードには2009年からのデータが残っていました。年々撮影量は増えていますが、まだケースの半分も埋まっていないので一冊十年分は余裕で収納できそう。

SDカード自体も、何年かに一度は大容量のものに買い替えて、データの引越しがてら整理を続けていけば、このケースに二十年分が収まるかなと感じました。

形や量が見えにくいといっても、データも持ち物。持つと決めたら大切に、そして不便なく管理していきたいと思います。

 

本日の猫。

悪い顔。

凛々しい顔。
親ばかですが、どちらもとっておきたいのです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ