冬を楽しむ、寒い日にやりたいことリスト。

こんばんは、ヤマネコです。

暖冬のポカポカに油断して、今朝の冷え込みに縮こまりました。起きるのがちょっと辛かった…そんな日にこそやろう、と思っていたことがあります。

日中はいつもの暖かさが戻ってきましたが、早朝に台所しごとをする私にとって、今朝は辛かった。特に水道水は凶器かと思うほどでしたが、そもそも冬はそういうものだった筈。

あったかいのは嬉しいけれど、寒い日だからこそできること、やりたいことをしたいなぁとすこし前にリストアップしていました。

 

基本、「気軽にできること」。

  • 干し野菜(本来は、寒&乾&晴天の日が理想)
  • こたつでできる手仕事・正月準備
  • 濃厚なホットドリンク(ホットチョコレート)
  • ニットやあったかグッズの使用開始
  • 夕飯はおでん

…などなど。本当に小さなことばかりですが、小さいからこそ全部達成。

ココアとはまた違う、ホットチョコレートをコトコト。

一部のあったかグッズは「もう少し寒くなってから」とギリギリまで我慢していたのですが(本当に寒くなったとき耐えられなくなりそうだから)、ああこの日のために(?)待っていたんだ、と大袈裟な気持ちで新しい靴下に足を入れたりしました。

 

日が昇っていくほど冷え込みも穏やかになったので、エアコン暖房だけは見送り。代わりに大活躍なのが、以前記事にした湯たんぽ

最近は毎晩コンロで温めて、バスタオルに包んで布団の中へ。
翌朝、ちょっとだけ冷めたものをこたつの中へ。
日中、水仕事を終えた後などはこたつに入り、ついでに湯たんぽを抱きしめて指先もじんわり温める。

そんな使い方をしています。

もともとゴム手袋が苦手なため、洗い物も素手で行っています。お湯を使うと楽ですが、かえって手が荒れるので水洗い。かじかんだ手には、湯たんぽの熱が優しくて幸せでした。

 

「寒い日にこそリスト」を作ったのは、先日ブログ「コロメガネの手帳」のヨシムラマリさんが冬のいいところ探しをされているのを拝読したのがきっかけ。

冬寒い、夏暑いなんて長年の体感で分かっているし、それが「日本のいいところ」でもある筈なのだから、寒さに対抗する方法ばかりでなく、冬だから嬉しいこと、できることに着目するのはステキだ!と思います。

私がおすすめするなら、干し野菜。セミドライなら数時間でできますし、暖かくなると干している間に傷んだり虫を呼ぶこともあるので、試すなら今(寒い・乾燥・晴天日)が気軽かなと。

ちょうどいただきものの大根があったので、今日は切り干し大根をつくりました(2~4日干します)。大根一本は多すぎるかなというときも、一部干しておくと保存が利いて便利。味が濃くなるし、火の通りも早くなって光熱費節約にも。

寒くて辛いと思いがちですが、もっと冬を楽しむ工夫を探してみます。

 

うちのリビングでの日常風景。

バケツやカゴを置いて五秒目を離すと、これです。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ