ミニマル財布の、落下防止。

こんばんは、ヤマネコです。

数年前から暮らしに「キャッシュレス」を取り入れ始めていました。

あいかわらず、スマホでの「**ペイ」などは使ったことがないのですが。

 

私のキャッシュレス方法としては、カード払いをメインにして現金をあまり持ち歩かないというだけのもの。日常的に備えとして持って出かける現金は「紙幣一枚のみ」などに限定し、ふだんの財布はカードケースを使っています。

無印良品にて100円ほどで購入しました。

ここにクレジットカードや交通系ICカードなどをまとめて。ポイントカードの類はほぼ手放したけれど、代わりに増えたのがこのパーソナルカラーチャート。

パーソナルカラー診断を受けたときに、4シーズン分が並んだカード(ポストカードサイズ)をいただきました。それを半分に切って、透明なカードケースの裏表に仕込んでいます。自分のカラーはスプリングなのですが、お店で洋服などを見るときには他の季節との比較ができたほうが素人目には便利だったので、この状態で持ち歩くようになりました。

真剣に「今日は服を見る」と決めて出かける日だけは、色見本帳も持って行きます。

 

ちょっとだけ厚みを増したお財布ですが、それでも私にとってはミニマルの感覚。ここにもう一つ、お試しで足したアイテムがあります。

それがスマホの落下防止などに使われるスマホリング(iRing/バンカーリング)でした。

 

わざわざ買ったものではなくて、スマホの買い替えを機に周辺小物を一新した友人からもらい受けた中古品であり、不用品です。目の前で友人自らカバーなどを取り外しつつ、「いらないよね?」と訊かれたものの一つでした。

そうだな、私もいらないかな。と当初は思ったけれど、思いつきでこのカードケースに貼ってみたら便利そうに感じたので、そのまま頂戴してしばらく使わせてもらうことに。

 

何に期待をしたかといえば、

スマホと同じく、カードケースの落下防止です。

交通系ICカード(suicaなど)を改札で使う際、毎回ケースごと落としそうで心配だったんです。ケースにチェーンなどをつけることも考え、すみっこに穴を開けようかと思っていたのだけれど、この形のほうが楽なのではと。

 

数ヶ月前までICカードはスマホカバーに入れる形で快適に使っていました。ところが用途に応じた設定変更によりエラーが出るようになってしまい、最近は別々に持つことが増えています。

  1. ICカードは、スマホカバーから、お財布として使っているカードケースへ移動。
  2. カードケースごと持って改札を通る際の、落下防止としてスマホリングを採用。

これで(未だに慣れない)改札を通るときのドキドキ感が減りました。

 

ただ、実はカードケースの表面に凹凸ができたことで「かさばる」という不満点が出てきました。検索した限りではもっと薄いものがあるようなので、いずれはそちらに変えることも検討しています。

現状のスマホリングは、もとの所有者である友人が三年以上前に500円ほどで購入して使いこんだそう。私が使わなくなったら処分してよいとの条件で譲ってもらいましたが、かさばる以外はすごく便利だし、何より事前にお試しさせてもらえたのはラッキーだったなと。

端々に使用感はあれど買い替えを迫られるほどの劣化はないし、次の候補が見つかるまでの間、もうしばらくはこのままお世話になるつもりです。

 

本日の猫。

寝起きにおじさん座り(?)のまま考えこむ、おじにゃん。

推定ながら、生後一歳半です。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ