リピート2年目、グンゼの冬ソックス。

こんばんは、ヤマネコです。

冬に向けて、昨年と同じシリーズの極厚ソックスを買い直しました。

といっても、買ったのは昨リーズンの終わり。来季(今季)に同じものが手に入るかわからなかったのと、オフシーズンに向けて特価のセールになっているのを見て手に入れておいたものです。

(改めて調べてみたところ、現状でも昨シーズンの在庫を扱うお店があるようです)

極厚ソックス+もこもこしていないスリッパで、今年も越冬計画を立てました。

 

もともとはスリッパ自体がもこもこしたデザインのものを買っていたのですが、そのタイプの履物だと新入り猫がくわえて行ってしまう問題が勃発。誤食する勢いだったため、泣く泣くあったかいスリッパをあきらめました。

もこもこしたものは床に残さない(脱がない)ことを前提とする。

それがほんの一瞬であっても、できる限り猫の目前では放置しないことが理想的だなと思っています。だからこその、厚手のくつ下。

グンゼのウチコレ冬シリーズの中でも、この極暖ソックスは裏側が総ボア。つま先も足裏も厚みのあるふかふかのボアで、真冬の床のつめたさもほとんど響きません。

ただ着用時間が長い場合、冬の終わりを前にして足裏がすれて生地が薄くなり、迷うまでもなくワンシーズンでの処分となりました。でも一番寒い季節には本当に快適だったため、来年もこれにしようと決めていたんです。

濃い色の生地は猫の毛が目立つ色。
目立たせたくないなら、薄い色を選ぶほうが無難。

私はワンピースなどの濃い色は許容できるのですが、直接床にふれるくつ下、しかもほこりや毛が付着しやすいニット素材だと他の色がいいかなと。また柄は無地のほうがいいかなと思いつつ、今回はちょっとレトロ感あるチェックをお試しで選びました。

(ただ好みの問題で黒ソックスも好きだな……と、また来季に悩むかもしれません)

昨年もそうでしたが、洗濯をくり返すうちに多少の毛玉はできるため、おそらくクリーナーなどのお手入れ道具は必須。ただ昨年はこの作業を楽しくも感じていたので、今年もそんなにストレスにはならないかなと思っています。

 

色柄が違っても同じシリーズのリピート購入なので、着用感などの心配はありません。
入浴、就寝、外出以外ではほとんど脱がないので、猫に狙われる心配も少ないかなと。

時々足にまとわりついてくる弟猫が視線で何か(くつ下を脱げとの要求?)を訴えかけているようにも感じますが、それについては気づかないふりを続けています。彼らのおもちゃは他にもあるので、私のくつ下に関してはご寛恕いただきたい。

そういえば無地タイプの起毛とは若干雰囲気が違う気もする(色が理由かもしれません)のですが、問題なくあったかそうでほっとしました。

冬スリッパの準備はすっかりあきらめた私が、自分なりにたどりついたこのくつ下。おかげで今冬もなんとか乗り切れそうだと期待しています。

 

 

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き