2024*立春、これからの丁寧な暮らし。

こんばんは、ヤマネコです。

昨日の節分から一夜明け、本日立春を迎えました。

二十四節気は、一月に迎える大寒で一区切り。
立春で、新たなスタートを切ります。

現代ではまだまだ寒さに震えずにはいられないほどの気候だけれど、春が立つと書いて立春。そろそろ春じたくも考えていこうかなという頃合いです。

私個人としては、年明けの一月を丸々使って今年の目標などについて考えていて、そろそろその気持ちもまとめていくことにしました。

 

私は今年、丁寧な暮らしを目指しすぎないことにします。

あらゆることに、ここ数年でもちょっとずつ譲歩していました。ただそういうときに、小さな後ろめたさがありました。

たとえば、塩素系など特定の洗剤を取り入れたとき。
シャンプーとコンディショナーを再開したとき。
市販のお菓子を買ったり、顆粒だしを使ったりしたとき。

以前の私が求めていた暮らしとは方向性が違うなと。誰かに弁解する必要などないはずなのに、自分の中では毎回言い訳の文言を考えていました。

 

私が言い訳をしようとしていた相手は、きっと過去の私自身。具体的に何かあるわけでもないのに、ついついごめんなさいという気持ちになっていました。かつての私の中ではこうしたい、という目標があったはずなのに、それを志半ばであきらめてしまうのが心やましい気持ちだったのだと思う。

でも今年はそれをやめます。

最低限のことと、自分がしたいことはやめません。昨日の節分のような季節しごとや、息抜きで始めるお菓子づくりやものづくりのように、ちょっと手間をかけても私が趣味の一環のように楽しめることは続けていきます。

でも自分の中で何か楽をしようとしたとき、これは丁寧じゃない、と自分で後ろ指をさすような真似はもうできるだけやめたい。

私は普段の食材から丁寧にだしをとることも好きだから日常的にはそちらを優先したいのだけれど、時間がないときに使う顆粒だしにも大変助けられています。それがなんとなく悪いことのように思ってしまう自分を手放したいです。

 

そもそもの目的は、心穏やかに暮らすこと。

ものを減らしたり、シンプルに暮らしたりすることはそのためのツールでしかなかったはずなのに、くり返し見直したつもりでもたびたび忘れてしまいます。

この立春に、改めてそのことを確認し、また一年、ほどほどに楽しくのんびり暮らしていけるよう気持ちを切り替えることにしました。

 

本日の猫。

毎日元気に自宅警備を続ける弟猫。

何かあってもあまり教えてはくれないのですが……

ゲストをお迎えしたときだけは「来たぞ~~~」というちょっと失礼な反応で全力疾走していきます(隠れ家に)。

本日もおつきあい、ありがとうございました。



こちらからお帰りいただけると、心の支えになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

お気に入りテーマ。
おうちごはんを楽しむ暮らし
無印良品週間で購入したもの
大人ナチュラルファッションが好き